人生にゲームをプラスするメディア

今年のDC EXPO、最新トレンドはVRヘッドセット!Oculus RiftやProject Morpheusが出展

その他 全般

2013年のデジタルコンテンツエキスポの会場。
  • 2013年のデジタルコンテンツエキスポの会場。
  • TGS2014より「Project Morpheus」
  • TGS2014より「Oculus Rift」
2014年10月23日から26日まで、東京・日本科学未来館でデジタルコンテンツEXPO(DC EXPO)が開催される。2007年にスタート、今年で8回目を迎えるDC EXPOは、コンテンツとテクノロジーの融合を実現した展覧会・企画として秋の風物詩となっている。
一般的にはイメージし難いこともある「デジタルコンテンツ」の言葉だが、要は文化やコンテンツを創り出すクリエイティビティとコンテンツの創造と制作を支えるテクノロジーの両輪をつながるものだ。DC EXPOはこのクエイティブとテクノロジー、文系と理系の垣根を超えるユニークな存在だ。

それだけに、毎年、他では見られない技術や切り口、作品が一堂に並ぶ。ここで取り上げられて後に、世の中で大きなニュースになり脚光を浴びたものも少なくない。コンテンツとテクノロジーの一歩先のトレンドを読む場所としても、注目される。
2014年の全体のテーマは、「ウエアラブル」とのこと。企業・団体の出展やステージイベントも多く、情報交換の場にもなる。

そんなDC EXPOで、2014年の大きなトレンドになりそうなのがパーソナル・ヴァーチャルリアリティ(VR)を実現する「ヘッドマウントユニット」だ。関連展示やイベントが期間中相次ぐ。
ヘッドマウントユニットは、プレイヤーが頭部に装着することであたかも仮想世界にいるかのような体験を与える。新たなゲームデバイス、そして映像技術として注目を集めている。

DC EXPOでは、現在のヘッドマウントユニットを代表するOculusRiftとProject Morpheusが登場する。10月25日にOculusRiftの開発者の祭典である第1回「OcuFes開発者会」が会場で開催される。翌日26日には「OcuFes」にてOculusRift向けに開発された国内のコンテンツが20以上集まる予定だ。
一方、ソニー・コンピュータエンタテインメントの開発したProject Morpheusはブース出展をする。ゲームの新しい可能性を目指した最先端の技術に触れることが出来る。OculusRiftとProject Morpheusは先頃の東京ゲームショウ2014でも紹介されたが、よりじっくりと体験出来るのでないだろうか。

このほか株式会社エクシヴィはVR空間タッチインターフェースを出展、ソリッドレイ研究所は「オタク文化+VR技術」と題して、ずばりサブカルチャーとVR技術との融合による可能性に切り込む。ヨーロッパ最大のインタラクティブメディアの祭典であるフランスのLAVAL VIRTUAL 2015も、VRやAR(拡張現実)の先端技術をデモ展示する。
未来の技術と思われてきたVRやARだが、会場では既に現実への応用が始まっていることが分かるだろう。イベントの詳しい内容は、DC EXPOのサイトで確認出来る。

デジタルコンテンツEXPO
http://www.dcexpo.jp/

会期: 2014年10月23日(木)~26日(日)
会場: 日本科学未来館
主催: 経済産業省、一般財団法人デジタルコンテンツ協会
共催: 日本科学未来館

VRヘッドセットが最新トレンド 今年のDC EXPOにOculus RiftやProject Morpheus

《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 BotW』リンクのアクションフィギュア登場―ソード・弓矢・シーカーストーン等が付属!

    『ゼルダの伝説 BotW』リンクのアクションフィギュア登場―ソード・弓矢・シーカーストーン等が付属!

  2. アニメ「けものフレンズ」が舞台化! サーバル役・尾崎由香など、メインキャストは声優陣が担当

    アニメ「けものフレンズ」が舞台化! サーバル役・尾崎由香など、メインキャストは声優陣が担当

  3. “プレイヤーの性格を武器にする”3D ACT『Last Standard』に対応したマストドンの新インスタンスが登場

    “プレイヤーの性格を武器にする”3D ACT『Last Standard』に対応したマストドンの新インスタンスが登場

  4. 新感覚プライズマシン「TRYPOD」が発表―クレーン操作が苦手でもOK!

  5. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  6. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  7. 【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

  8. ドラマ「光のお父さん」第1話の制作秘話を原作者が語る―サイト「一撃確殺SS日記」にて連載開始

  9. 『ウイイレ 2017』アジア頂点が決まったe-Sports大会レポ―北澤豪にもインタビュー!

  10. 家庭用ゲームとVRコンテンツの臨界点【Re:エンタメ創世記】

アクセスランキングをもっと見る