人生にゲームをプラスするメディア

3ボタンのみで『カービィボウル』に挑戦!不可能とも囁かれた200打以内に到達する思考と結論とは

1994年に登場したスーパーファミコンソフト『カービィボウル』は、カービィがボールとなり、敵を倒しながらゴールのカップを目指していくという一風変わったアクションゲームです。

その他 全般
3ボタンのみで『カービィボウル』に挑戦!不可能とも囁かれた200打以内に到達する思考と結論とは
  • 3ボタンのみで『カービィボウル』に挑戦!不可能とも囁かれた200打以内に到達する思考と結論とは
  • 3ボタンのみで『カービィボウル』に挑戦!不可能とも囁かれた200打以内に到達する思考と結論とは
1994年に登場したスーパーファミコンソフト『カービィボウル』は、カービィがボールとなり、敵を倒しながらゴールのカップを目指していくという一風変わったアクションゲームです。

見た目の可愛らしさは当然のこと、判断力や直感も求められるユニークな内容にも注目が集まり、本作を今も遊び続けている方も少なくありません。しかもそんな方々の一部には、AボタンとBボタン、そして上字ボタンという3つのボタンのみを使用し、最短のコースを目指すという制限プレイ、通称「3つのボタンでカービィボウル」に挑戦している人もいます。

そんなチャレンジャーのひとりとなる「なるしす」氏は、2009年にこの制限プレイに挑戦した動画を公開。以来、定期的に挑戦した証を動画としてお披露目し続けてきましたが、このたび最終回となる映像を9月29日に公開しました。「なるしす」氏がずっとチャレンジし続けてきた200打以内という高く険しい目標の日々が終焉を迎え、ご本人曰く「皆様に、最高のハッピーエンドが届きますように」とコメントされたこの動画がどのような結末を描いているのか、まずは直接ご覧になってみてください。


■【制限TAP】3つのボタンでカービィボウル完全版 最終回
ニコニコ動画 URL:http://www.nicovideo.jp/watch/sm24582389

既に閲覧された方はご存じのことと思いますが、「頭で考えていたら不可能だった1-3」や「1フレームだけ許された隙間に挑み続ける打開策」など、手に汗握る展開が続くこの動画。実際のチャレンジはもちろんのこと、その道に至るまでの思考、そして無数に行ったであろう錯誤を想像すると、自然と胸に熱さを覚えます。ゲーム好きならば、一度は見ておきたい動画と言えるでしょう。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 横になってPCやゲームができる環境づくりおすすめセットーBauhutteでそろえる自分だけの理想郷!

    横になってPCやゲームができる環境づくりおすすめセットーBauhutteでそろえる自分だけの理想郷!

  2. 【東京五輪】『ドラクエ』や『モンハン』にゲーマー大熱狂! 開会式に“日本生まれのゲーム楽曲”が多数使用

    【東京五輪】『ドラクエ』や『モンハン』にゲーマー大熱狂! 開会式に“日本生まれのゲーム楽曲”が多数使用

  3. 【コスプレ】『原神』美女レイヤー5選! 甘雨、モナ、胡桃ほか人気キャラに注目【写真81枚】

  4. 「これが諦めないってことだああ!!!」特典・ツインターボは「キラーチューン」所持ーBlu-ray「ウマ箱2 第3コーナー」発売

  5. シリーズ25周年に向け『ペルソナ6』が話題沸騰!記念ロゴ・グッズから予想が白熱―トレンド入りも果たす

アクセスランキングをもっと見る