人生にゲームをプラスするメディア

3ボタンのみで『カービィボウル』に挑戦!不可能とも囁かれた200打以内に到達する思考と結論とは

その他 全般

3ボタンのみで『カービィボウル』に挑戦!不可能とも囁かれた200打以内に到達する思考と結論とは
  • 3ボタンのみで『カービィボウル』に挑戦!不可能とも囁かれた200打以内に到達する思考と結論とは
  • 3ボタンのみで『カービィボウル』に挑戦!不可能とも囁かれた200打以内に到達する思考と結論とは
1994年に登場したスーパーファミコンソフト『カービィボウル』は、カービィがボールとなり、敵を倒しながらゴールのカップを目指していくという一風変わったアクションゲームです。

見た目の可愛らしさは当然のこと、判断力や直感も求められるユニークな内容にも注目が集まり、本作を今も遊び続けている方も少なくありません。しかもそんな方々の一部には、AボタンとBボタン、そして上字ボタンという3つのボタンのみを使用し、最短のコースを目指すという制限プレイ、通称「3つのボタンでカービィボウル」に挑戦している人もいます。

そんなチャレンジャーのひとりとなる「なるしす」氏は、2009年にこの制限プレイに挑戦した動画を公開。以来、定期的に挑戦した証を動画としてお披露目し続けてきましたが、このたび最終回となる映像を9月29日に公開しました。「なるしす」氏がずっとチャレンジし続けてきた200打以内という高く険しい目標の日々が終焉を迎え、ご本人曰く「皆様に、最高のハッピーエンドが届きますように」とコメントされたこの動画がどのような結末を描いているのか、まずは直接ご覧になってみてください。


■【制限TAP】3つのボタンでカービィボウル完全版 最終回
ニコニコ動画 URL:http://www.nicovideo.jp/watch/sm24582389

既に閲覧された方はご存じのことと思いますが、「頭で考えていたら不可能だった1-3」や「1フレームだけ許された隙間に挑み続ける打開策」など、手に汗握る展開が続くこの動画。実際のチャレンジはもちろんのこと、その道に至るまでの思考、そして無数に行ったであろう錯誤を想像すると、自然と胸に熱さを覚えます。ゲーム好きならば、一度は見ておきたい動画と言えるでしょう。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 人気アニメ「キルラキル」が対戦アクションゲーム化!『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』発表

    人気アニメ「キルラキル」が対戦アクションゲーム化!『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』発表

  2. 「クレしん」"シロ"がシロの飼い主に!? しんのすけ新声優・小林由美子さんにTwitterの反応は?

  3. 数々の発表を振り返る!「E3 2018」各社プレスカンファレンスひとまとめのひとまとめ

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 【昨日のまとめ】『FGO』コスプレしてみたいサーヴァント結果発表、『ポケモンGO』色違いヨーギラスをゲットできた?、『ZOIDS FIELD OF REBELLION』はどういうゲームだったのか…など(6/16)

アクセスランキングをもっと見る