人生にゲームをプラスするメディア

ナムコ、米国シカゴ郊外に『パックマン』モチーフの大型複合エンタメ施設「Level 257」をオープン

その他 全般

「Level 257」外観イメージ
  • 「Level 257」外観イメージ
  • ナムコ ロゴ
ナムコは、米国イリノイ州のシャンバーグに『パックマン』をモチーフにした複合エンターテインメント施設「Level 257(Two Fifty Seven)」を、2015年初頭にオープンすると発表しました。

『パックマン』は 1980年7月にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が発売したアーケードゲームです。同年10月に米国に進出し、ユニークなキャラクターと洗練されたグラフィック、独創的なゲームシステムにより、その人気は日本国内をはるかに上回り“パックマンフィーバー”といわれる空前のブームを引き起こしました。今日では各地の有名美術館での収蔵展示など、コンピュータエンターテインメントを代表するアートとしても高い評価を受けています。

「Level 257(Two Fifty Seven)」は、『パックマン』の最終面が256であることにちなみ名付けられた複合エンターテインメント施設です。『パックマン』のインスピレーションを昇華させ、256面を超えた“次のレベルのエンターテ
インメント”を意味する上質な空間を目指してオープンの準備が進められてきました。

4万平方フィートを超える広さを持つ「Level 257」の中は、『パックマン』がモチーフのギャラリースペース、レストラン、スタイリッシュなカクテルラウンジ、クラシックな中にもモダンな要素を併せ持つゲームセンター、この地域(シカゴ郊外)唯一のボウリングレーン、300名以上収容可能な多目的イベントスペース、『パックマン』関連の物販ショップなどがあり、多彩な楽しさを提供する複合エンターテインメント施設となっています。

オープンに向けた施設の詳しい内容は、公式サイト(http://www.level257.com ※英語サイト)にて順次公開されていきます。

(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

    【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

  2. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  3. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  5. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  6. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

  9. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

アクセスランキングをもっと見る