人生にゲームをプラスするメディア

「ゾイド」ゲームの最新作『ZOIDS Material Hunters』が発表!群れなす敵をバタバタとなぎ倒すACT

ブロードメディアとGクラスタ・グローバルは、タカラトミーエンタメディアと共同開発したアクションゲーム『ZOIDS Material Hunters(仮題)』を発表しました。

モバイル・スマートフォン iPhone
「ゾイド」ゲームの最新作『ZOIDS Material Hunters』が発表!群れなす敵をバタバタとなぎ倒すACT
  • 「ゾイド」ゲームの最新作『ZOIDS Material Hunters』が発表!群れなす敵をバタバタとなぎ倒すACT
  • 「ゾイド」ゲームの最新作『ZOIDS Material Hunters』が発表!群れなす敵をバタバタとなぎ倒すACT
  • 「ゾイド」ゲームの最新作『ZOIDS Material Hunters』が発表!群れなす敵をバタバタとなぎ倒すACT
ブロードメディアとGクラスタ・グローバルは、タカラトミーエンタメディアと共同開発したアクションゲーム『ZOIDS Material Hunters(仮題)』を発表しました。

本作は、iOS/Androidとテレビで連動して遊べる新世代クラウドゲームで、愛機ゾイドに乗り込み群れなす敵をバタバタとなぎ倒す、爽快感・スピード感抜群のワンタッチACTです。

スマートフォンでも「Gクラスタ」でも、全く同じ操作性でゲームをプレイ可能ですが、「Gクラスタ」に接続することで、スマホアプリにはない専用のミッション、アイテム、機能が拡張され、より奥が深い「ゾイド」の世界を堪能しながら新世代のクラウドゲームを楽しむことができます。

また『ZOIDS Material Hunters(仮題)』には、従来の「ゾイド」にはなかった、「マテリアルハンター」という新しい職業が登場し、ゲームオリジナルのストーリーで進行。「マテリアルハンター」とはマテリアル鉱山を探して発掘し、採取したマテリアルを加工したり、売買しながら生計を立てる民間人で、プレイヤーはこの「マテリアルハンター」となってこの世界を冒険していきます。


ファンお馴染みの「ゾイド」はもちろん、本作ではゲームオリジナルの新しい「ゾイド」も登場し、古きファンも初めてのプレイヤーも、楽しめる作品になりそうです。

なお、更なる詳細は今年の東京ゲームショウで発表され、サービス開始時期は2015年春を予定。価格は基本無料のアイテム課金制です。

(C)TOMY
(C)Broadmedia Corporation. All Rights Reserved. (C)T-ENTAMEDIA Co., Ltd.
《栗本 浩大》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アズレン』×『アイマス』コラボ開催決定!計画艦4期も飛び出した「初夏のアズレン公式生放送」ひとまとめ

    『アズレン』×『アイマス』コラボ開催決定!計画艦4期も飛び出した「初夏のアズレン公式生放送」ひとまとめ

  2. 『ウマ娘』ヒシアマゾンはマイル~中距離の追込ウマ娘!SSRサポ「バンブーメモリー」には“まさかのマイナススキル”あり

    『ウマ娘』ヒシアマゾンはマイル~中距離の追込ウマ娘!SSRサポ「バンブーメモリー」には“まさかのマイナススキル”あり

  3. 『ウマ娘』「メジロマックEーン杯」から「ハルウララだけで有馬記念」まで!ルームマッチ実装に伴い、続々と“個性的なレース”が開催

    『ウマ娘』「メジロマックEーン杯」から「ハルウララだけで有馬記念」まで!ルームマッチ実装に伴い、続々と“個性的なレース”が開催

  4. 『ウマ娘』レジェンドレースの相手が「テイエムオペラオー」に変更!最大のライバル「メイショウドトウ」も立ち向かう

  5. 「ベリアル」のこころは希少価値の高い耐久特化!アンコールを使うスーパースターに持たせるのも面白い【ドラクエウォーク 秋田局】

  6. 『ウマ娘』「フジキセキ」の勝負服が初公開!原案そのままの姿に「流石フジ先輩」「セクシー過ぎる!」の声殺到

  7. 汗と涙のリアルな表現こそが『IDOLY PRIDE』の真骨頂!ーアイドルは感情爆発の先で何を視る

  8. 写真で見る『ららマジ』ノベライズプロジェクト達成記念イベント―小説サンプルを含めた全展示物紹介

  9. 『ウマ娘』賢さ注力はNG!“チームレースで勝てる”サクラバクシンオーの育成論【もなよのウマ娘情報局】

  10. ストラテジーファンに勧めたい『インフィニット・ギャラクシー』―広大な宇宙を自分だけの戦艦で駆け抜けるロマンを、いつでもどこでも

アクセスランキングをもっと見る