人生にゲームをプラスするメディア

キャラホビ2014の『艦これ』企画をレポート ― 50体近くの巨大パネルなどが展示

日本最大のキャラクター&ホビーイベント「キャラホビ2014 C3×HOBBY」が、8月23日・24日の二日間にわたり幕張メッセ国際展示場にて開催された。

PCゲーム その他PCゲーム
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
日本最大のキャラクター&ホビーイベント「キャラホビ2014 C3×HOBBY」が、8月23日・24日の二日間にわたり幕張メッセ国際展示場にて開催された。会場では最新商品の展示はもちろん、アニメの出演者を招いたスペシャルステージや各企業のブースが展開され、今年も多数の来場者で賑わいを見せた。
とりわけ大きな話題となったのが、キャラホビの主催者企画である『艦隊これくしょん -艦これ-』だ。会場の中心にブース「『艦これ』キャラホビ鎮守府」を展開し、2015年1月スタートのテレビアニメ情報の告知をはじめ、バラエティ豊かな展示で好評を博した。

まず来場者の目に飛び込むのが、『艦これ』のメインキャラクター・艦娘たちの等身大パネルだ。50体近くの巨大なパネルは注目度抜群で、思わず足を止めて記念撮影をする来場者の姿が多く見られた。ブース内ではアニメに登場する艦娘の公開や、アニメビジュアルのポップも用意され、こちらも同じように人気を集めていた。
フィギュアの展示では、リアルな頭身のものからキュートなデフォルメキャラまで、様々な造型で表現されたアイテムがラインナップ。「艦船模型 ウォーターラインシリーズ」のコーナーでは、艦娘たちの元となった艦艇も展示された。数十体の模型が相並ぶ光景はまさに壮観で、こちらも写真に収めようとするファンで溢れかえっていた。

さらにブースには再現度抜群のコスプレイヤーたちも登場し、魅力的な展示物に華を添えた。また会場内の各所に設置されたスタンプを集めると、キャラホビ特製のミニクリアファイルがプレゼントされるスタンプラリーも行われた。実際にスタンプを押すために会場内を回ると、『艦これ』のコスプレをしている来場者の姿を方々で見かけ、本作の人気ぶりを改めて窺い知ることができた。

そのほか、クリエイターたちが描いたイラストの展示、雑誌や書籍、Tシャツやマグカップなど多彩なグッズも紹介されていた。新春のテレビアニメ化を控え、さらなるヒットを予感させる『艦これ』に期待が膨らむ企画となった。
[高橋克則]

テレビアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』
2015年1月テレビアニメ放送開始予定
http://kancolle-anime.jp/

「キャラホビ2014 C3×HOBBY」
http://www.chara-hobby.com/

キャラホビ2014に「艦これ」が登場 等身大パネルやコスプレで来場者を魅了

《高橋克則》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

    【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  2. 新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

    新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

  3. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  4. “俺達の試練”が復活!入魂でもらえる祭ポイントが3倍に!!〜MHF「第11回 狩人祭」実施

  5. Steam版『クロノ・トリガー』が配信開始! 不朽の名作がアップグレードされて登場

  6. ヤギゲーのCoffee Stain Studios、新作工場建築Co-opFPS『Satisfactory』ゲームプレイトレイラー!【E3 2018】

  7. 東方を西方へ!PLAYISM、海外向けに「東方Project」作品のアンケートを実施

  8. 『Ar:pieL』(アルピエル)5月31日にアップデートを実施─「放課後特別活動」とレイド「上級」 の詳細が明らかに

  9. PC版『FFIV: ジ・アフター 月の帰還』イントロムービーが公開

  10. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

アクセスランキングをもっと見る