人生にゲームをプラスするメディア

弾幕STG『東方輝針城』がPLAYISMにて配信、「東方Project」もDL販売の時代に

同人サークル「上海アリス幻樂団」が手がけるゲーム『東方輝針城』が、8月11日にPLAYISMで配信されました。

その他 全般
ツイッターより
  • ツイッターより
  • ツイッターより
同人サークル「上海アリス幻樂団」が手がけるゲーム『東方輝針城』が、8月13日にPLAYISMで配信されます。

上海アリス幻樂団の「東方Project」からはさまざまな同人ゲームや同人音楽の作品が登場しており、コミックマーケットなどでとても大きな人気を得ています。そして今回、「東方Project」の作品である『東方輝針城』のダウンロード版が登場しました。



昨今は“インディーゲーム”(独立系開発会社によるゲーム)の主流がダウンロード販売になっており、「東方Project」もその流れに乗るようです。インディーゲームは個人や少人数で開発されることが多い性質から、販売や宣伝に制限がかかります。よってダウンロード販売をすれば、より多くの人が手にしやすくなります。



また、インターネットでは情報の交換が盛んなため、作品の評判が評判を呼び宣伝になることも。つまり、行動に制限が発生するであろうインディー系デベロッパーに適した販売方法になります。

Xbox ONEやPlayStation 4でもインディーデベロッパーが参加できる土壌を整えていますし、これからはインディーゲームのダウンロード販売が当たり前になっていくことでしょう。
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』マスター御用達なキャリーバッグが登場!デザインと機能性を両立で人理修復や空想切除が捗りそう

    『FGO』マスター御用達なキャリーバッグが登場!デザインと機能性を両立で人理修復や空想切除が捗りそう

  2. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】「いつか使うかもしれない」と思いアイテムが捨てられない

  3. 『FGO』イベント新情報やオーケストラなど、「FGO冬祭り」から目が離せない!【ゲストトークステージまとめ】

  4. 「alive2018」にてVTuber魔王マグロナ様がご講演―“バ美肉”そのメリットはどこにあるのか

  5. 【吉田輝和の絵日記】『Fallout 76』優しい仲間達と荒廃世界をほのぼの探検してきた

アクセスランキングをもっと見る