人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコゲームス「2014年夏 最新アーケードゲームプレス向け体験会」レポ

バンダイナムコゲームスの2014年最新アーケードゲーム6種、『ロストランドアドベンチャー』『プラチナバランス』『スーパーアルペンレーサー』『ポケットモンスター バトルナイン』『太鼓の達人』『マリオカート アーケードグランプリDX』をご紹介!

その他 アーケード
バンダイナムコゲームス「2014年夏 最新アーケードゲームプレス向け体験会」レポ
  • バンダイナムコゲームス「2014年夏 最新アーケードゲームプレス向け体験会」レポ
  • バンダイナムコゲームス「2014年夏 最新アーケードゲームプレス向け体験会」レポ
  • バンダイナムコゲームス「2014年夏 最新アーケードゲームプレス向け体験会」レポ
  • バンダイナムコゲームス「2014年夏 最新アーケードゲームプレス向け体験会」レポ
  • バンダイナムコゲームス「2014年夏 最新アーケードゲームプレス向け体験会」レポ
  • バンダイナムコゲームス「2014年夏 最新アーケードゲームプレス向け体験会」レポ
  • バンダイナムコゲームス「2014年夏 最新アーケードゲームプレス向け体験会」レポ
  • バンダイナムコゲームス「2014年夏 最新アーケードゲームプレス向け体験会」レポ
7月10日、台風の息吹吹き荒れる中、バンダイナムコゲームスにおいて「2014年夏 最新アーケードゲームプレス向け体験会」が行われました。



今回出展されたタイトルは、以下のとおりです。

『ロストランドアドベンチャー』
『プラチナバランス』
『スーパーアルペンレーサー』
『ポケットモンスター バトルナイン』
『太鼓の達人』
『マリオカート アーケードグランプリDX』

ゲームセンターでお馴染みのものから世界初の二人で遊べる巨大球面スクリーンを使用したガンシューティングまで、多様なラインナップが揃い踏みです。それでは、ここからはこの6種を紹介していきましょう。

◆『ロストランドアドベンチャー』



「球面スクリーン式秘境冒険ガンゲーム」とジャンル分けされた『ロストランドアドベンチャー』は、二人が横に座って遊ぶタイプのガンシューティング。「球面スクリーン」自体は『戦場の絆』などで慣れ親しんだ方も多いのではないでしょうか?

こちらはそれよりもっと巨大なものを採用しており、「二人で遊べる巨大球面スクリーン」を採用したアーケードは当ゲームが世界初との事。アミューズメントパークのアトラクションさながらの臨場感があるため、心地よい疲労感と「やってやったぞ」的な達成感を味わえました。友達や恋人、または親子などで協力プレイをして遊ぶもよし、二丁拳銃で己の美学に酔いしれるもよし、自己流の遊び方で楽しみましょう。


◆『PLATINUM BALANCE(プラチナバランス)』



『PLATINUM BALANCE(プラチナバランス)』は、「盛る」が常態化していたシールプリント機業界に訪れた革命児。より自然に、より「整える」事に特化した機種となっています。各SNSにあふれる目が異様に大きなプリ画や不自然な形になっている頭骨など、それらの画像が「従来の自分の顔で」「よりキレイでカワイク写る」ようになるのです。これこそが、「美人顔に整える」事を目指した開発チームの想いなのでしょう。せっかく撮るならキレイに写りたい、そんな女性の心へダイレクトに響く『PLATINUM BALANCE』は、業界に一石を投じるに違いありません。

ちなみに私も撮りましたが、「キレイなジャイアン」以外の何者でもなかったため掲載を見送りたいと思います。

◆『スーパーアルペンレーサー』



約20年前、ゲレンデに連れて行って欲しい女の子がまだまだ多く存在していた時代に生まれたスキーレースゲーム『アルペンレーサー』。その新シリーズが今の時代に復活です。遊び方は、左右に設置されたストック代わりのグリップを握り、足元にあるスキー板状のデバイスで画面内のキャラクターを操作してプレイするスタイルです。

シリーズの続編としてなんと18年ぶりとなる今作は、当時若者だったお父さんお母さん達にも懐かしい作品と言えるでしょう。白銀のステージにシュプールを描き、大人も子供もおねーさんもわいわい楽しめる作りとなっているため、どんな場面でも安心して遊ぶ事ができます。

◆『ポケットモンスター バトルナイン』



『ポケットモンスター バトルナイン』は、3×3、9マスに配置されたポケモンを自陣のポケモンで打ち倒してゲットするビデオメダルゲーム。モンスターボールでビンゴをしてメダルもゲットするという遊び方です。また、今夏公開のポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」に登場する幻のポケモン「ディアンシー」など、170種以上のポケモンが集合! ゲットしたポケモンを自分好みに育てて進化させる事もできるため、メダルゲームでありながら本格的なポケモンバトルを楽しめます。

タテ・ヨコ・ナナメのビンゴを楽しむために使用する各種ボールの中には、ロケット団の面々が登場してせっかくゲットしたポケモンをすべて奪う、なんてものもあるのでビンゴ目前だからといって油断できません。体験プレイ中には実際に何度か奪われましたからね……。

◆『太鼓の達人』



ネットでちょっと検索すれば、超人的なプレイ動画を視聴できるほど説明不要なゲーム『太鼓の達人』です。定期的にバージョンアップをする当作は、7月中旬稼働開始のキミドリVer.と呼ばれる最新のもの。ネットワーク配信で話題の曲を楽しめる上、こちらは、松たか子さんが歌い上げた事で有名な、某雪の女王の「ありの~ままの~」歌も入っています。老若男女が楽しめるゲームだけに、映画を観てファンになった方も映画が大好きなお子さんも、心おきなく楽しめる事でしょう。

これから夏祭りに向けて和太鼓を耳にする機会も増える事ですし、ちょっくら一発遊んでみてはいかがでしょうか?

◆『マリオカート アーケードグランプリDX』



すでに全国で稼働中の、『マリオカート アーケードグランプリDX』。それをよりアグレッシブにしてレース性と攻撃性を高めたバージョンが、こちらになります。基本的な操作に大きな変更はありませんが、ゲームのイメージは前述の通り。筐体上部のイラストも、以前のほんわかしたものからスピード感のあるマリオとクッパのデッドヒートに変更されています。

そして、新規要素となる「全国対戦モード」や新キャラである「メタルマリオ」の参戦の他、新テクニックに「ドリフトブースト」を搭載。全国対戦モードで勝ち上がるためには重要な要素と言えます。もちろん通常のレースも楽しめますので、好きなキャラを選び、好きに走って壁に激突しましょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『ロストランドアドベンチャー』『PLATINUM BALANCE』『スーパーアルペンレーサー』『ポケットモンスター バトルナイン』の詳しい説明やレビューは、以下のリンクからもご覧ください!

(c)BANDAI NAMCO Games Inc.
《平工 泰久》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

    ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

  2. 『ポケカ』11月23日発売のスターターセットはオンラインでの抽選販売のみに変更─「タッグボルト」の販売方式も検討へ

    『ポケカ』11月23日発売のスターターセットはオンラインでの抽選販売のみに変更─「タッグボルト」の販売方式も検討へ

  3. 【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

    【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

  4. 『FGO』キャスター/ニトクリスがねんどろいど化!―公式ストア予約特典は「メジェドさま フケイ デアルゾVer.」

  5. ポケモンカード「タッグボルト」12月7日発売!史上最強のピカチュウとイーブイが登場

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

  8. 実写映画版『名探偵ピカチュウ』予告編第一弾が海外向けに公開!

  9. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

アクセスランキングをもっと見る