人生にゲームをプラスするメディア

予想以上非常によく出来ているPS Vita版『MHF-G』実機レポート

最初は「本当にサクサクと動くのか」と半信半疑だった『モンスターハンターフロンティアG』のPS Vita版ですが、実機デモなどが公開され、不安は期待に変わりつつあります。

ソニー PSV
予想以上非常によく出来ているPS Vita版『MHF-G』実機レポート
  • 予想以上非常によく出来ているPS Vita版『MHF-G』実機レポート
  • 予想以上非常によく出来ているPS Vita版『MHF-G』実機レポート
  • 予想以上非常によく出来ているPS Vita版『MHF-G』実機レポート
  • 予想以上非常によく出来ているPS Vita版『MHF-G』実機レポート
  • 予想以上非常によく出来ているPS Vita版『MHF-G』実機レポート
  • 予想以上非常によく出来ているPS Vita版『MHF-G』実機レポート
  • 予想以上非常によく出来ているPS Vita版『MHF-G』実機レポート
  • 予想以上非常によく出来ているPS Vita版『MHF-G』実機レポート


最初は「本当にサクサクと動くのか」と半信半疑だった『モンスターハンターフロンティアG』のPS Vita版ですが、実機デモなどが公開され、不安は期待に変わりつつあります。とはいえ、配信された映像ではまだまだ安心できないため、実際にプレイしてきました。



今回は、カプコンへお邪魔してプレイ。まずは、メゼポルタ広場街で各インターフェイスなどを確認します。プレイ前の印象としては、フォントやUIのサイズ小さく見難いだろうと予想していましたが、意外に普通。基本的にはPS3版の操作方法にプラスして、タッチで定形文を選択できたり、チャット枠表示の切り替えをすることができます。またキャラクターとカメラの距離もタッチでズームアップ・ズームアウトすることが可能です。



動画やスクリーンショットでは分かりにくい部分ではありますが、実機で最大までズームアップすると、グラフィックの美しさに驚きます。PS Vitaの液晶の影響もありますが、テクスチャの解像度が高く、ジャギーも殆どありません。またモーションなどもPS3版と遜色なく快適に操作できました。



その語、実際に「ゴゴモア」「エスピナス」「ディオレックス」のクエストをプレイしてみましたが、ロードの早さはかなりのもの。操作感もPS3版をプレイした感覚と同じ。また、狩猟笛などの「R3」ボタンを使うアクションは、タッチ画面にアイコンが表示されますので、それをタッチすれば問題ありません。



つまり、従来の『モンスターハンター フロンティアG』をPS Vitaクオリティでプレイでき、フロンティアGならではのオンライン要素を活かしたままプレイできるのがPS Vita版『モンスターハンターフロンティアG』でした。



もちろんネットワーク環境必須という制限は付きますが、一緒にプレイしている人の顔を見ながらプレイできるのは携帯機の特権なので、PS Vitaをメインハードにするプレイヤーが多く出てくるかもしれません。

【追記】
7月4日から7月7日14時まで、ベータテストが一般解放されることが発表されました。「誰でも無料で狩猟体験」でのゲーム内データは、終了後にすべて削除され、以降のサービスでデータを引き継ぐことはできません。あらかじめご了承ください。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. 「キムタクを動かせる」想像できない未来を実現した『JUDGE EYES』―名越総合監督と細川Pに訊く【TGS2018】

    「キムタクを動かせる」想像できない未来を実現した『JUDGE EYES』―名越総合監督と細川Pに訊く【TGS2018】

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  5. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  6. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  7. 【吉田輝和のTGS絵日記】PSVRリズムアクション『Beat Saber』気分はジ◯ダイの騎士!

  8. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  9. PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

  10. 『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る