人生にゲームをプラスするメディア

3DS『鉄道にっぽん!路線たび』シリーズ第2弾発売決定、舞台は大洗町に本社を置く「鹿島臨海鉄道」

任天堂 3DS

ダイヤ通りの運行を目指そう
  • ダイヤ通りの運行を目指そう
  • 勾配に気をつけて速度を調整しよう
  • 停止位置にぴったり合わせよう
  • 資料室画面
  • 東水戸駅に到着
  • ホームが近づいたら速度調整を慎重に
  • 林の中を走行中
  • トンネルを通過
ソニックパワードは、ニンテンドー3DSソフト『鉄道にっぽん!路線たび 鹿島臨海鉄道編』を2014年8月21日(木)に 発売します。

『鉄道にっぽん!路線たび 鹿島臨海鉄道編』は、ローカル線の旅情を感じながら鉄道車両の運転を楽しむシリーズの第2作目。最大の特徴である3D撮影機材で収録した本物の「実写・立体映像」で奥行きを感じる実感的な運転体験が楽しめるほか、沿線に広がる名所や観光地などの情報も収録されており、旅行気分を味わうことが出来る一風変わったソフトとなっています。

シリーズ第2作目の舞台は、茨城県大洗町に本社を置く「鹿島臨海鉄道」です。収録されている路線は、茨城県水戸市の水戸駅から鹿嶋市の鹿島サッカースタジアム駅を結ぶ路線距離53.0kmの大洗鹿島線と、鹿島サッカースタジアム駅から鹿島神宮駅までのJR鹿島線に乗り入れている3.2kmを含む、総延長56.2km の区間。水戸駅を出発し鹿島神宮駅までの運転を、6000形気動車で楽しむことができます。

関東平野を走るこの路線は、水戸駅を出発すると、まもなく高架区間が続きます。踏切もなく、いくつもの道路橋を潜り抜け、数多い直線区間では90km/hの高速で進行することもあります。運転席から一面に拡がる田畑を見下ろしながら、ゆったりとした風景と疾走感たっぷりの運転が楽しめます。

沿線には、日本三名園のひとつ、梅園で有名な「偕楽園」や、海水浴・マリンスポーツが盛んな太平洋岸に位置する「大洗」、全国にある鹿島神社の総本社「鹿島神宮」など、観光スポットも多数あります。沿線の魅力を紹介する「資料室」では、ゲーム内で高得点を記録すると、さまざまな観光情報がチェックできますので車両の運転体験とともに、鹿島臨海鉄道の旅情も楽しんでみてください。

◆操作は簡単!巧みな運転操作で目指せ高得点!


『鉄道にっぽん! 路線たび』は、マスコンやブレーキをタッチするだけの簡単操作で、本格的な鉄道運転が楽しめます。運転席には運転ガイドが表示されますので、ガイドのアドバイスを参考にしながら、様々な標識を守ることはもちろん、まっすぐに伸びる直線区間が多いのでスピードの出し過ぎには要注意。

駅への到着時刻を厳守して上手く運転できるかが、運転士であるあなたの腕の見せ所です。

◆沿線情報もたっぷり紹介!ゲームで体験したら実際に出掛けてみよう!


「鉄道にっぽん! 路線たび」のもうひとつのお楽しみは、「資料室」に集まった沿線情報を見ながら、旅情を感じる事ができるところ。到着時刻や停止位置などの運転成績によって、「資料室」に鹿島臨海鉄道沿線の観光情報や車両情報などが収集できますので、運転士体験だけでなく、旅行気分も味わうことができます。ゲームで遊んだら、3DSを片手に実際に鹿島臨海鉄道への乗車旅に出かけてみてはいかがでしょうか?


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

広大な田園パノラマの立体的な実写の景色と気動車特有のディーゼルサウンド。のんびりとした時の流れを味わいながら「鹿島臨海鉄道」の魅力をニンテンドー3DSでぜひ体験してみてください。

『鉄道にっぽん!路線たび 鹿島臨海鉄道編』は2014年8月21日発売予定。価格は6,264円(税込)です。

※本資料に掲載の画像は、すべて開発中のものです
※【鉄道にっぽん!路線たび 鹿島臨海鉄道編】 では、運転席からの実写・立体映像が改良され、より美麗な映像の再現と、低速走行時でもスムースでリアルな表現の改善が行われています。
※ ゲーム仕様は品質改善の為、将来予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。


(C)2014 Sonic Powered Co.,Ltd.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『project OCTOPATH TRAVELER』3DCGとドット絵で描く世界が美しい…! 先行体験版で「バトルの駆け引き」や「没入感の高い物語」の片鱗に触れる

    【プレイレポ】『project OCTOPATH TRAVELER』3DCGとドット絵で描く世界が美しい…! 先行体験版で「バトルの駆け引き」や「没入感の高い物語」の片鱗に触れる

  2. 【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

    【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

  3. スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

    スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

  4. 【TGS2017】Switch版『バイオハザード リベレーションズ』2作をプレイ!モーション操作が全くの別ゲーに進化させていた

  5. 一釣りいこうぜ!『モンハン ダブルクロス』コラボバスルアー発売決定―バルファルクやリオレウスなど3種

  6. あの『マインクラフト』がNewニンテンドー3DSに登場!『Minecraft New Nintendo 3DS Edition』配信開始

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  9. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  10. 『project OCTOPATH TRAVELER』現時点の情報まとめ─戦闘のカギを握る「BP」って何? フィールドコマンド「誘惑」「試合」の効果は?

アクセスランキングをもっと見る