人生にゲームをプラスするメディア

【日々気まぐレポ】第48回 可愛きこと、ゆるキャラの如し!~「連装砲ちゃん」は独り立ちした鎮守府のマスコット~

その他 玩具

島風の連装砲ちゃんチャームストラップ。
  • 島風の連装砲ちゃんチャームストラップ。
  • 耳(?)は動きません
  • イヤホンジャックプラグ。
  • スクリューもばっちり再現。
  • ぜかまし。
  • 3DSにもピッタリ!?
インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきによる「ほぼ」隔週連載「日々気まぐレポ」、第48回目でございます。

唐突に「そういえば今期のアニメの話をしていなかったなあ」と思いつつ振り返ってみたのですが……直近で見た「selector infected WIXOSS」が強烈過ぎて語ろうと思ってたこと全部持って行かれました。いやぁ、エグいっすね。たまらんッス。キャッキャウフフなアニメだと思ったら一転ダークな作風だった、という展開に「某魔法少女作品」を思い起こしたという感想がTwitterでは散見されましたが、いやいや……「キュウべぇ」ってまだ良心的でしたよ?うん。まだ未見の人は「selector」を単なるカードゲームアニメだと思うなかれ。少女たちの夢と待ち受ける残酷な現実に手に汗握らざるを得ないドラマチックな展開がきっと貴方を待っています。そして一緒にWIXOSSプレイヤーデビューしましょう。あっ、売り切れてる!?

さて今週はアクアマリンから発売されています「艦隊これくしょん -艦これ- 島風の連装砲ちゃんチャーム」をご紹介。

こちら、ついに先日会員数200万人を突破した超人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』公式ライセンス品です。ゲーム内では所謂レア艦と目されている人気艦娘の「島風」に関連した商品ですが、島風本体……ではなく。これは島風に付随する「連装砲ちゃん」のチャームストラップなのです。

◆そもそも連装砲ちゃんって


「連装砲ちゃん」は元になった駆逐艦「島風」的に見ればおそらく主砲の「50口径三年式12.7cm 連装砲D型」をデフォルメキャラクター化したものです。そしてこの「連装砲ちゃん」は他の艦娘の装備とはちょっと違って「島風」の周囲に配されたファンネルか、ビットか、使い魔かなんか、そんな感じ的存在としてイラストには描かれています。公式に細かい設定があるわけではないのであやふやなんですが。とにかくそれが3基ほど配されているのです。

ちなみに、その内の1基が装備する浮き輪には当時の日本語表記で「ぜかまし」と縦書で書かれています。この浮き輪のせいで、いやおかげで「島風」の愛称として「ぜかまし」が広くファンに受け入れられるようになったんですね。

◆連装砲ちゃん人気


レア艦であるというだけではなく、その奇抜な衣装や言動の特異さで目を引く「島風(CV:佐倉綾音さん)」は『艦これ』ユーザーから大人気で、真っ先にfigma化が決定したりと、発表・発売されたグッズは枚挙に暇がありません。しかしながら、それに付随する「連装砲ちゃん」もまた「島風」からは独立した道を歩いて行くことになりました。

その見た目のわかり易さと独特なデフォルメ加減の可愛さから、連装砲ちゃん単独で商品化されることが多くなり、ついに公式の「連装砲ちゃん着ぐるみ」がイベント等に駆り出される始末に。連装砲ちゃんは『艦これ』自体のある種マスコットキャラクター的存在へと上り詰めていきました。でも艦隊のアイドルは那珂ちゃんなんだよなァ。

◆連装砲ちゃんチャーム




で、今週ご紹介するこの「連装砲ちゃんチャーム」も御多分にもれず連装砲ちゃん単体で商品化されたチャームストラップ。浮き輪を装備したタイプの連装砲ちゃんですね。



もちろん、浮き輪には「ぜかまし」の文字が。小さいサイズながらきちんと塗装されていて芸が細かいです。本体はPVC製となっています。



背面にはスクリューもきちんと造形されています。



プラグはイヤホンジャックにさせるようになっており、スマートフォンや携帯ゲーム機につけるにもピッタリのサイズとなっています。また連装砲ちゃん自体は金属製のフックで繋がれているので普通のキーホルダーやストラップとして装着することも可能です。

砲身部分(説明書には連装砲ちゃんの「耳」とありました)は残念ながら非可動で固定なのですが、それなりにしなるため普段使いをしていて破損するということはなさそうですね。

全高は約34mmということで小さく見えるのですが、手にとってみると意外とずっしりとした感覚が伝わります。ストラップとして普段使いするにしても、控えめすぎず……さりとて主張しすぎず、ちょうどいい具合にお使いのデバイスを『艦これ』色に彩ることができます。この夏のおしゃれのワンポイントとして、提督の皆様にはおすすめの一品ですよ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


「艦隊これくしょん -艦これ- 島風の連装砲ちゃんチャーム」は好評発売中。価格は1,080円(税込)です。

(C) 2013 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.


■筆者紹介:ひびき
ゲームやアニメが大好きな駆け出しライター。
WIXOSS、ヴァンガード、バトスピ、クルセイド……。
手を出したいシリーズは数多あれど、
カードゲームは遊ぶよりコレクションするタイプ。
決して対戦する友だちがいないわけではない。
アイワナ・ビア・ボッチスター。

Twitter:@hibiki_magurepo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『FGO』どの★4サーヴァントをもらう?、【京まふ2017】新情報満載の『FGO』ステージレポート、日清カップヌードル「謎肉」の正体を暴露!?…など(9/18)

    【昨日のまとめ】『FGO』どの★4サーヴァントをもらう?、【京まふ2017】新情報満載の『FGO』ステージレポート、日清カップヌードル「謎肉」の正体を暴露!?…など(9/18)

  2. 「EVO Japan2018」メイン競技7タイトルを発表、参加受付は12月31日まで

    「EVO Japan2018」メイン競技7タイトルを発表、参加受付は12月31日まで

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. 日清カップヌードルの「謎肉」、その正体を暴露!?「名探偵コナン」の“黒い犯人・犯沢さん”が秘密に迫る

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 「TGS2017」カプコンブースの物販情報や、『モンスターハンター:ワールド』の試遊整理券配布場所を公開

  7. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  8. 「実物大ユニコーンガンダム立像」がお台場に立つ! 9月24日より展示開始─50ヶ所の発光、変身も可能な限り再現

  9. 【特集】「東京ゲームショウ2017」各出展メーカーの特設サイトまとめ(随時更新)

  10. 【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

アクセスランキングをもっと見る