人生にゲームをプラスするメディア

インクリメントP、地図アプリをレトロRPG風に変換する技術を発表

その他 全般

地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
  • 地図アプリをロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』
 14日、東京ビッグサイトで開幕したITの専門展「2014 Japan IT Week 春」。インクリメントPは、地図画面をロールプレイングゲーム風に表示する『RPG風エンタメマップ。』の試作展示を行った。

 会場に展示された「RPG風エンタメマップ。」は、Googleが2012年4月1日に発表したエイプリルフールネタ、ファミコン版『Google Maps 8ビット』をヒントに開発したといい、普段見慣れた東京都心や日本地図がロールプレイングゲーム風の画面に生まれ変わった。

 インクリメントP商品部の北谷尚大氏は「Googleのものは一瞬で終わってしまいましたが、実際の地図を使って、通勤や通学で皆さんが触れるカタチでRPGを再現できないかと企画してみました」と話す。

 将来的には、「RPG風エンタメマップ。」を同社のウェブサイト地図や企業向けスマートフォンアプリ開発キット「MapFan SmartDK」において提供することを検討しているという。

 北谷氏は「実際にゲーム会社の方にも見て頂いて良い反響を得ています。いままで地図を納品していなかった業界に向けて、地図を使ってもらうきっかけにしていきたい」と地図の反響について話した。

【2014 Japan IT Week】地図アプリがロールプレイングゲーム風に変身!……インクリメントP

《椿山和雄@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』発売日決定、PS4版『FFIX』配信開始、スクエニが新作ロボゲー『LEFT ALIVE』発表…など(9/19)

    【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』発売日決定、PS4版『FFIX』配信開始、スクエニが新作ロボゲー『LEFT ALIVE』発表…など(9/19)

  2. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  3. 【特集】「東京ゲームショウ2017」各出展メーカーの特設サイトまとめ(随時更新)

    【特集】「東京ゲームショウ2017」各出展メーカーの特設サイトまとめ(随時更新)

  4. 「EVO Japan2018」メイン競技7タイトルを発表、参加受付は12月31日まで

  5. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  6. 【昨日のまとめ】『FGO』どの★4サーヴァントをもらう?、【京まふ2017】新情報満載の『FGO』ステージレポート、日清カップヌードル「謎肉」の正体を暴露!?…など(9/18)

  7. 「TGS2017」カプコンブースの物販情報や、『モンスターハンター:ワールド』の試遊整理券配布場所を公開

  8. 日清カップヌードルの「謎肉」、その正体を暴露!?「名探偵コナン」の“黒い犯人・犯沢さん”が秘密に迫る

  9. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る