人生にゲームをプラスするメディア

『テラリア』アイテム1,200種類以上、ボス4体追加などの大型アップデートを6月2日に無料で実施

ソニー PS3

『テラリア』6月2日に大型アップデートを実施
  • 『テラリア』6月2日に大型アップデートを実施
  • 『テラリア』アイテム1,200種類以上、ボス4体追加などの大型アップデートを6月2日に無料で実施
  • 新アイテム:ロープ
  • 新装備:スナイパースコープ
  • ミニオン召喚
  • ミニオン召喚
  • 新鉱石
  • ペイント前
スパイク・チュンソフトは、PS3/Vitaソフト『テラリア』の大型アップデートの実施とその詳細を明らかとしました。

2011年にPCソフトとしてデビューを果たした『テラリア』は、そのユニークかつ中毒性に溢れるゲームデザインが好評を博し、世界規模で大きなヒットを記録したモノづくりアクションアドベンチャーです。PS3およびVitaに登場を果たした本作にも注目が集まり、今なお多くのユーザーが遊び続けています。

そんな本作の遊び応えや奥の深さを更に掘り下げてくれる、大型アップデートの実施がこのたび決定しました。実施日は再来週となる6月2日。気になる内容も、アイテム追加1,200種類をはじめとする多数の増量や、新たな要素の実装などが予定されており、歓喜の声があがりそうなアップデートとなっています。

◆多くのアイテムが追加


アイテム総数1,800種類以上(1,200種類以上追加)、定住NPC18種類(8種類追加)、モンスター200種類以上(100種類以上追加)、ボス15体(4体追加)など、既存の要素が大きくボリュームアップ。

■新アイテム
ロープを使えば上下の移動が楽に行えるようになります。
空中に張り巡らせてロープウェイのような移動も可能に。

■新たな装備
現行最強の“メガシャーク”や“ティソナ”を超える、様々な見た目、能力の装備品が追加されます。スナイパースコープを使えば遠くの敵を狙って銃で攻撃できたり、敵を攻撃してくれる“ミニオン”を魔法の杖で呼び出せたりと、今までとは違った方法で戦うことも可能に。

◆ペイント・染色で色を変えよう


新たなアイテム“ペンキ”や“しきそ”を入手すれば、ブロックや設置物、装備品に自由に色をつけられます。“ペンキ”の色は27種類。新たな道具“ペイントブラシ”を使ってブロックや設置物に色をつけることができるように。また染色は、64種類の“しきそ”で自分好みに装備を染色。もちろん、染めた色はゲーム内のグラフィックに反映されます。

■新たなNPC
“ペンキ”や“しきそ”の取得に関連するNPC“せんしょくし”など、新たに8人のNPCが追加。おもしろグッズを販売している“パーティガール”は、花火なども扱っており、こちらも楽しみです。

◆家づくりの自由度がアップ


ドア、イス、テーブル、タンスといった新たな家具やハーフブロックの追加で、より自由に家づくりが楽しめます。ワイヤーの種類も追加され、さまざまなギミックが製作可能に。

■ハーフブロック
ハンマーを使って、設置したブロックの形状を変えられるようになります。斜め形状にすることで斜めの屋根や滝を作ることも。

■ワイヤー追加
ワイヤーの種類が合計3種類になり、ワイヤー同士が重なり合う場合でも種類ごとに別々に設置できるため、より複雑なギミックを製作可能。

◆新たな大地を探索しよう


新たに追加されたエリアやダンジョンを探索し、新たなモンスターや強力なボスに挑みましょう。またハードモードで手に入るカギがないと入場できないダンジョン“ジャングルテンプル”が、その名のとおりジャングルに登場。カギの入手も困難ですが、ダンジョンの奥には今までよりさらに手強い敵や巨大なボスが待ち受けているという、高難度のハードモードコンテンツとなります。

■新たなエリア
新しいワールドを生成すると、一定の確率で“じゃあくな大地”が“しんくの大地”に変わります。どんなモンスターや素材が待っているのか、乞うご期待。

■新たなボス
新たに4種類のボスが追加されます。クイーンビーは、ハチを呼び出す「ビーガン」をはじめ、ハチにまつわるレアアイテムをドロップするので、見逃せません。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


多彩な内容が目白押しとなる今回の大型アップデートは、更に嬉しい無料での提供となります。本作を持っている方であれば、今回の様々な内容を手軽に楽しめるので、配信予定日の6月2日をどうぞお忘れなく。

『テラリア』は、好評発売中。価格は、PS3のパッケージ版が3,980円(税抜)、ダウンロード版が3,143円(税抜)、PS Vitaのパッケージ版が2,838円(税抜)、ダウンロード版が1,905円(税込)で発売中です。

Published by 505 Games (and Spike Chunsoft for Japan region).
(C) 2013 Re-Logic. Console versions developed by Engine Software.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

    【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  2. 【TGS2017】『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』PS VR版プレイレポ―この爽快感、はいだらー!と叫ばずにはいられない

    【TGS2017】『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』PS VR版プレイレポ―この爽快感、はいだらー!と叫ばずにはいられない

  3. 【TGS2017】個性的な新モンスターが続々登場した『モンスターハンター:ワールド』ステージイベントレポ

    【TGS2017】個性的な新モンスターが続々登場した『モンスターハンター:ワールド』ステージイベントレポ

  4. 『仁王』DLC第3弾「元和偃武」最新スクリーンショットが到着!新たな物語や「無間獄」、新守護霊の姿も

  5. PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展―日本語コマンド表も

  6. 【TGS2017】人狼ゲーム+サスペンスドラマが楽しめる『Hidden Agenda』、駆け引きの果てに待つものは

  7. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』DLC「モンスターハンター」トレイラー!【UPDATE】

  8. 【TGS2017】『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』4分半デビュートレイラー!4K/VR対応

  9. 『Horizon Zero Dawn』拡張コンテンツ「凍てついた大地」11月7日より国内発売、予約受付も始動

  10. 【TGS 2017】『バイオハザード7』無料EP「Not A Hero」プレイ動画が公開!ゴールドエディションカプコン限定版も

アクセスランキングをもっと見る