人生にゲームをプラスするメディア

ニューヨーク近代美術館の特別展レポート、『ストII』『パックマン』などが展示中

その他 全般

ニューヨーク近代美術館(MoMA)
  • ニューヨーク近代美術館(MoMA)
  • 展示会場
  • 名作タイトルがずらり
  • 『ハイパーストリートファイターII』の筐体
  • 筐体のスティック。やや操作し辛かった。
  • アタリの『アステロイド』をプレイする女性
  • 『パックマン』をプレイする男性2人組
  • 『スペースインベーダー』をプレイする男性
現在、ニューヨーク近代美術館(MoMA)では、『ハイパーストリートファイターII』『パックマン』『スペースインベーダー』など、日本のゲームが展示されています。

「A Collection of Ideas」と銘打たれた特別展では、MoMAが選んだここ数十年の革新的なデザインが取り上げられており、ビデオゲームだけでなく、おなじみの「@(アットマーク)」や「グーグルマップ」のピンなど、様々なデザインが作品として紹介されています。

日本のタイトル以外では、『マインクラフト』『テトリス』『アステロイド』といった往年の名作から近年のヒット作までが幅広く並べられています。さらには、世界初の家庭用ビデオゲーム機であるマグナボックス社の「オデッセイ」も見ることができます。

それぞれのゲームは特別にデザインされた筐体と共に展示されており、実際にプレイすることが可能です。

MoMAにはゴッホの名作「星月夜」を始め、アンディ・ウォーホルやピカソなど著名な芸術家の作品が常設展示されています。2012年に同美術館がゲームの収蔵を開始した際には、アート界を中心に衝撃が走り、激しい議論を巻き起こしました。「ビデオゲームはアートではないため、MoMAが所蔵すべきではない」という数々の意見に対し、MoMAのシニアキュレーターであるパオラ・アントネッリ氏は「ビデオゲームはアートであり、デザインでもある」と反論し、近代美術におけるゲームのインタラクションデザインの重要性を説いています。

いずれにしても、日本のタイトルを含む多数のビデオゲームがMoMAから評価を得たことは、ビデオゲームがひとつの芸術として受け入れられつつあるという風潮のように見受けられます。

この特別展は、2015年1月11日まで開催されている予定です。なお、現在MoMAでは、ユニクロがスポンサーとなって毎週金曜日16時から20時までの入館料が無料になる「ユニクロ・フリー・フライデー・ナイト」を実施しています。

ニューヨークを訪れた際に、MoMAで世界中の人々と『ストII』対戦に興じてみるのはいかがでしょうか。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. グリー、Supercellとの特許紛争についてコメントを発表…一部アプリでは機能削除も

    グリー、Supercellとの特許紛争についてコメントを発表…一部アプリでは機能削除も

  2. 「集中力増加サプリ」を試したゲーマーの身体に起きたこと【実験企画】

    「集中力増加サプリ」を試したゲーマーの身体に起きたこと【実験企画】

  3. 「今年ブレイクするYouTuber予想ランキングトップ20」が発表―上位半数がバーチャルYouTuber

    「今年ブレイクするYouTuber予想ランキングトップ20」が発表―上位半数がバーチャルYouTuber

  4. 『FGO』ランサーのサーヴァント「スカサハ」がfigma化!―ボディラインがセクシー

  5. コロプラ、任天堂より特許権侵害に関する訴訟を提起されたと発表

  6. 『アズールレーン』オリジナルブロマイドがファミマプリントで期間限定販売中―ユニコーン・愛宕・赤城など

  7. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  8. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  9. 『センチメンタルグラフティ』20周年プロジェクトとは!? 「あなたに、会いたい…」と意味深なつぶやき

  10. セガ新作アーケードTCG『千閃戦記』プレイレポ―4人PTでレーンを巡る熱い攻防が楽しめる

アクセスランキングをもっと見る