人生にゲームをプラスするメディア

エイプリルフールじゃなかった!『SPECIUM;BOYS』改め『スペシウム少年』を志倉千代丸氏が発表

その他 全般

『スペシウム少年』ティザーサイト
  • 『スペシウム少年』ティザーサイト
  • MAGES. 志倉千代丸氏
MAGES.は、『スペシウム少年』を発表し、公式サイトを公開しました。

今年の4月1日に、同社の代表である志倉千代丸氏が発表した『SPECIUM;BOYS』というタイトルを覚えている方も多いのではないでしょうか。『CHAOS;HEAD』から始まる科学アドベンチャーシリーズの第5弾として特設サイトも用意されたこのタイトル。しかし、第4弾となる『CHAOS;CHILD』の詳細なども明かされていない状況で、しかもわざわざ4月1日に発表するのは怪しいと、シリーズファンからも「エイプリルフールだろう」と判断されていました。

その判断は、正しくもあり、同時に間違いでもありました。このたび志倉氏が、『SPECIUM;BOYS』…ではなく、『スペシウム少年』を告知。同時に、公式サイトもオープンしました。




厳密に言えばタイトルこそ違いますが、意味合いは同じと言ってもよく、また『SPECIUM;BOYS』発表時の目玉となった「円谷プロダクションとの正式コラボ」というポイントを、『スペシウム少年』でも押さえており、4月1日の発表が少しだけ様相を変えて、正式な始動を発表した形となりました。

一つ気になる点と言えば、4月1日発表時には掲載されていた「科学アドベンチャーシリーズ第5弾」の文字が、今回のサイトには記載されていないこと。これは単純に、後ほど発表する予定なのか、それとも科学ADVシリーズではないタイトルとしてリリースされるのか、その正否はまだ不明です。また、もしかしたらADVではなかったり、そもそもゲームではない可能性もゼロではありません。

なお、「エイプリルフールネタがマジになったのか、元々本気企画だったのか」という疑問に、志倉氏はこのように答えています。




オトナ達による全力の「おふざけ」となる『スペシウム少年』。次はどのような切り口で驚かせてくれるのか、続報が楽しみですね。

(C)円谷プロダクション / MAGES. / フィールズ
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

    【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

  2. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  3. 【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選

    【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選

  4. 【昨日のまとめ】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」アンケート結果発表、スイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていた、『FFXV』「オンライン拡張パック:戦友」10月31日配信…など(9/20)

  5. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  6. 【特集】「東京ゲームショウ2017」各出展メーカーの特設サイトまとめ(随時更新)

  7. 【特集】『ポケモン』の「マッハじてんしゃ」を自作したファン現る―ゲームフリーク増田氏「凄過ぎる!かっこいい!」

  8. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  9. 【TGS2017】ビジネスデイ開幕!国内出展は292社で過去最多に

  10. 【レポート】「indie MEGASHOW Tokyo」は帰るのがツラくなるほど素敵な空間だった

アクセスランキングをもっと見る