人生にゲームをプラスするメディア

「ニコニコ超会議3」ダイオウグソクムシ「1号たん」実物大模型を展示 ― 3Dプリンタで高精細なデータを出力

サードウェーブテクノロジーズは、「ニコニコ超会議3」の「超ダイオウグソクムシブース」にて、ダイオウグソクムシの実物大模型を展示すると発表しました。

その他 全般

「超ダイオウグソクムシブース」に実物大模型が登場
  • 「超ダイオウグソクムシブース」に実物大模型が登場
  • フルカラー石膏3Dプリンタ「ProJet 660Pro」
  • ハイエンド・ワークステーション「WinFast WS1000」
  • 「ニコニコ超会議3」ロゴ
サードウェーブテクノロジーズは、「ニコニコ超会議3」の「超ダイオウグソクムシブース」にて、ダイオウグソクムシの実物大模型を展示すると発表しました。

鳥羽水族館にて5年以上の絶食を続けた後に今年の2月14日に死亡したダイオウグソクムシ「1号たん」。「ニコニコ超会議3」の「超ダイオウグソクムシブース」では、3Dスキャン技術および3Dプリント技術を用いて「1号たん」復活させる「1号たん復活祭」が行われます。

イベントでは、3Dプリンタによって復活した「1号たん」の実物大模型を3体展示。3Dスキャナーによって得られた「1号たん」の3Dデータを、3DCG製作アプリケーション「Shade 3D」によってリアルさを損なうことなく3Dプリンティングに適した形式に変換し、3D Systemsのフルカラー石膏3Dプリンタ「ProJet 660Pro」を用いて製作されています。

「ProJet 660Pro」は、薄く撒いた石膏粉の層にインク兼硬化剤で印刷することを繰り返して3次元形状を作成するタイプの3Dプリンタで、フルカラーかつ高精度のモデルを出力することが可能です。スキャンされた「1号たん」は非常に精密なデータのため、作業用のコンピューターには高い処理能力のハイエンド・ワークステーション「WinFast WS1000」が使用されています。

◆ニコニコ超会議3

主催:ニコニコ超会議実行委員会
会場:幕張メッセ国際展示場1~8ホール
開催期間:2014年4月26日(土)10:00~18:00、27日(日)10:00~17:00
公式サイト:http://www.chokaigi.jp/
超ダイオウグソクムシブース 特設ページ:http://www.chokaigi.jp/2014/booth/cho_gusoku.html

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

当日は、各種ノベルティ用に「9号たん」のミニチュアモデル(1/5スケール)も用意されているそうなので、ダイオウグソクムシの魅力を生で感じたい人は、ぜひ会場に足を運んでみてください。

Copyright(c) 2014 Thirdwave Technologies Co., Ltd. All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. Twitterで話題の“無造作すぎる”ゲーセン、その背景を訊く─「秋田にもレトロゲームを楽しめる空間があれば」

    Twitterで話題の“無造作すぎる”ゲーセン、その背景を訊く─「秋田にもレトロゲームを楽しめる空間があれば」

  2. 「Fate/Apocrypha」ルーラーがノースリーブの私服姿でフィギュア化

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. gamescom 2018のオープニングセレモニーで各社が新作や新情報を発表予定…Ubisoftやスクウェア・エニックスなど

アクセスランキングをもっと見る