人生にゲームをプラスするメディア

くにおくん? いいえ、クーニー・ヴァルフォードです ─ 不良が魔法の世界に殴り込む、3DS『熱血魔法物語』OP公開

任天堂 3DS

くにおくん? いいえ、クーニー・ヴァルフォードです ─ 不良が魔法の世界に殴り込む、3DS『熱血魔法物語』OP公開
  • くにおくん? いいえ、クーニー・ヴァルフォードです ─ 不良が魔法の世界に殴り込む、3DS『熱血魔法物語』OP公開
  • くにおくん? いいえ、クーニー・ヴァルフォードです ─ 不良が魔法の世界に殴り込む、3DS『熱血魔法物語』OP公開
アークシステムワークスは、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『熱血魔法物語』を発表し、OP映像を公開しました。

1986年にアーケードゲームとして登場した『熱血硬派くにおくん』。翌年にはファミコンに移植され、以後名作アクションゲームシリーズとしてその活躍を多岐に渡り展開。海外進出も果たし、系譜作は30を超える一大タイトルです。

「不良」を物語の中心に据えるこのシリーズは、義に熱い「くにお」をはじめ、好感の持てる魅力的なキャラクターたちが彩っており、独特ながらも居心地のいい世界観となっています。もちろん、ゲーム性の要であるアクション部分も、やり甲斐と爽快感に溢れており、ついついプレイがクセになるほど。

そんな『くにおくん』シリーズのラインナップに加わる、新たなタイトルがこのたび明らかとなりました。しかも彼らが今回活躍する舞台は、ファンタジー世界。剣と魔法で暴れまくるドタバタコミカルファンタジー『熱血魔法物語』が、本シリーズの最新作となります。

まだ詳細は明らかとなっていませんが、シリーズを通しての主人公である「くにお」は「クーニー・ヴァルフォード」とその名を変えており、ファンタジーらしさが溢れています。またライバルである「りき」も「リッキー・ブレイグ」、「島田真美」は「マーミ姫」と、こちらも世界観に沿った名前となっています。

まさに「衝撃の発表」と呼ぶに相応しい『熱血魔法物語』。詳しい続報が気になるばかりですが、今は、唯一ともいえる本作の情報源であるオープニングムービーを見て、どのような作品になるのか想像を巡らせておきましょう。「全国のやまださんには申し訳ないが、俺が悪の大ボスのやまだだ」でお馴染みの「山田」も登場するのでお楽しみに。なお彼は、「ヤ・マーダ」とのことです。インパクト抜群ですね。


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=sipFMjDV3yM

『熱血魔法物語』は、2014年春配信予定。価格は未定です。

(C)Million Co.,Ltd / ARC SYSTEM WORKS
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

    『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

  2. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  3. 【特集】マリオの意外な職業10選 ─ マリオは配管工をやめていたどころか、すごい職歴の持ち主だった!

    【特集】マリオの意外な職業10選 ─ マリオは配管工をやめていたどころか、すごい職歴の持ち主だった!

  4. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』発売! 大森滋が記念イラストを公開、各地の盛り上がりを増田順一が激写

  5. 『スプラトゥーン2』コラボギアコードが「コロコロコミック」1月号に付属!

  6. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』あるある10選!マリオは旅に夢中でピーチ姫のことを忘れちゃう!?

  7. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  8. 『PUBG』のBlueholeがPS4/Switch向け新規IPを開発中―アジア市場をターゲットに

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

アクセスランキングをもっと見る