人生にゲームをプラスするメディア

カプコンX東京マルイ『バイオハザード・ザ・シューティング』エアガン射撃体験レポート

現在、カプコンと東京マルイのコラボイベント『バイオハザード・ザ・シューティング』が、3月21日(金祝)から3月27日(木)まで、イオンモール成田 1F ガーデンコート イベントスペースにて開催されており、早速、編集部が試射を兼ねて取材してきました。

その他 玩具
カプコンX東京マルイ『バイオハザード・ザ・シューティング』エアガン射撃体験レポート
  • カプコンX東京マルイ『バイオハザード・ザ・シューティング』エアガン射撃体験レポート
  • L96 AWS
  • M870
  • SOP MOD M4
  • G36K
  • AKS 74u
  • Ashford Gold Luger
  • Samurai Edge: Jill Valentine model

現在、カプコンと東京マルイのコラボイベント『バイオハザード・ザ・シューティング(エアガン射撃体験)』が、3月21日(金祝)から3月27日(木)まで、イオンモール成田 1F ガーデンコート イベントスペースにて開催されており、早速、編集部が試射を兼ねて取材してきました。


会場のスタッフはバイオハザードシリーズに登場するキャラクターのコスプレで歓迎してくれました。


エアガンの体験射撃は1弾倉、制限時間2分、300円で、ブース内の標的を撃ち放題でした。


海外での実弾射撃経験がある筆者にとって、マズルフラッシュも排莢もなく少々物足りませんでしたが、重量や細部の作り込みは実銃そっくりでした。


初めに試射したのは、IMIのDesert Eagle .50AE クロームステンレス。12.7mmのマグナム弾を発射するオートマチックハンドガンで、重厚感たっぷりです。


次にチョイスしたのは、バイオハザードシリーズに登場する9mm拳銃、Samurai Edge。Beretta M92FSをベースにした、ラクーン市警特殊部隊S.T.A.R.S仕様のオリジナルモデルです。


体験射撃では全4種のハンドガンから好きなものを選べます。実銃の仕様とは異なりますが、マガジンの装弾数(BB弾)は全て25発に統一されています。

『バイオハザード・ザ・シューティング』はイオンモール成田 1Fで、平日・土日祝共に、10:00~20:00(最終受付は19:00)までオープン。体験するのは18歳以上の方に限られます(要身分証明書)。詳細は公式サイトで確認できます。
《》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. Amazon「プライムデー」が開催!PS4本体+ゲームセットやスイッチ、PCエンジン miniなどがラインナップ

  2. 『ポケカ』デビューするベストな時期は「シールド戦」が行われている今?参加賞目当てに始めてみた

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る

1