人生にゲームをプラスするメディア

元禄時代と妖怪をモチーフにした2Dパズルプラットフォーマー『Kodama』、Wii U・PS4等ストレッチゴールを含むKickstarterを開始

日本の妖怪などをモチーフにしたパズルプラットフォーマー『Kodama』のkickstarterが開始され、Wii U・PS4等を含むストレッチゴールが追加されました。

その他 全般
元禄時代と妖怪をモチーフにした2Dパズルプラットフォーマー『Kodama』、Wii U・PS4等ストレッチゴールを含むKickstarterを開始
  • 元禄時代と妖怪をモチーフにした2Dパズルプラットフォーマー『Kodama』、Wii U・PS4等ストレッチゴールを含むKickstarterを開始
  • 元禄時代と妖怪をモチーフにした2Dパズルプラットフォーマー『Kodama』、Wii U・PS4等ストレッチゴールを含むKickstarterを開始
  • 元禄時代と妖怪をモチーフにした2Dパズルプラットフォーマー『Kodama』、Wii U・PS4等ストレッチゴールを含むKickstarterを開始
  • 元禄時代と妖怪をモチーフにした2Dパズルプラットフォーマー『Kodama』、Wii U・PS4等ストレッチゴールを含むKickstarterを開始
日本の妖怪などをモチーフにしたパズルプラットフォーマー『Kodama』のkickstarterが開始され、Wii U・PS4等を含むストレッチゴールが追加されました。

舞台設定を日本の元禄時代(1688~1704年)に定めた『Kodama』は、そのタイトル名どおり「木霊」が主役となる物理ベースの2Dパズルプラットフォーマー。アマテラスからの使命を受けた木霊の精は、危機に瀕する森を救う旅に出発します。

木霊は水および光を吸収する特殊な能力をもっています。水を吸収した場合は体がふっくらと膨れ、体重は重くなって強い風などに耐えられるように。光を吸収した場合は逆に体が細くなり、より素早く動くことができるようになります。プレイヤーはこの特徴を利用し、各ステージを攻略していくことになるようです。また、本作には森の危機に怯えて隠れる臆病な妖怪たちのほか、木霊を狙う凶暴な妖怪や、巨大なボス妖怪が登場し、行く手を阻みます。

手書き風タッチで表現したグラフィックも特徴の1つ。霧の存在を感じさせる拡散する木漏れ日、太い大樹と苔むした大地など、湿度を感じさせる森の姿をうまく描いており、海外が製作する「日本」としては色合いなど落ち着いた雰囲気です。控えめで、しっとりとした印象を受ける世界観です。



Kickstarterを開始したばかりの『Kodama』は、メインプラットフォームをPC・Mac、最低目標額を26,000ポンドに設定。ストレッチゴールにはコンソール版の記載があり、50,000ポンドでPS Vita版が。100,000ポンドでPS3、PS4、Wii U版のリリースが、承認を得次第決定するということです。終了日は4月13日。どこまで支援を伸ばしていけるのか注目したいところです。
《Ami》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『トワイライトプリンセス HD』サントラ7月27日発売…CD3枚組で全108曲を収録

    『トワイライトプリンセス HD』サントラ7月27日発売…CD3枚組で全108曲を収録

  2. 韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」開幕

    韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」開幕

  3. 『ポケカ』よもやま─「プレイヤー兼イラストレーターから見える景色ってどんな感じ?」【インタビュー】

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る