人生にゲームをプラスするメディア

高橋名人、前立腺がんの疑い晴れて安堵…「さすがにうれしかったです」

その他 全般

高橋名人、前立腺がんの疑い晴れて安堵……「さすがにうれしかったです」
  • 高橋名人、前立腺がんの疑い晴れて安堵……「さすがにうれしかったです」
 ゲームの達人として知られる高橋名人が、前立腺がんの疑いがあるとして検査のため入院していたが、検査の結果、がんは見つからなかったことをブログで報告している。

 高橋名人は昨年11月頃、前立腺の炎症および前立腺肥大のため排尿困難な状態が続いたため病院で血液検査を行ったが、前立腺がんの可能性があると診断されたため、再検査のため今年2月に数日間、入院していた。

 その検査結果が出たとして6日にブログを更新し、「ガン細胞は無かったです」と報告。「私としては、もしガンが発見されたとしても、CTでハッキリと写っていなかったのですから、すぐに手術で切除すれば問題無いだろうと思っていたので、もうそんな気分になっていたんです。まぁ、半分くらいはしょうがないなという気分もありましたし…」と覚悟していたそうだが、疑いが晴れたことで、「でも、『ガンでは無かった』と聞いた時は、さすがにうれしかったです」と安堵する気持ちをつづっている。

高橋名人、前立腺がんの疑い晴れて安堵……「さすがにうれしかったです」

《花@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

    【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

  2. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

    【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. 「けものフレンズ」のラッキービーストが、手のひらサイズのソフビフィギュアで発売決定

  5. 【TGS2017】試遊に実演も!アソビ溢れる「バンダイナムコエンターテインメント」ブースレポ

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

  8. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  9. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  10. 『ニーア オートマタ』海外ファンの2Bコスプレが本人すぎる…

アクセスランキングをもっと見る