人生にゲームをプラスするメディア

日本観光を恋愛ADV的ノリで楽しめる『Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~』がSteamで配信、開発者がセールス好調を報告

ゲームビジネス その他

Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~
  • Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~
  • Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~
  • Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~
  • Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~
OVERDRIVEの海外向けタイトル『Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~』が、Steamで驚くべき売上をあげたと開発者が報告しています。

『Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~』は、日本観光をゲームで体験できるアドベンチャーゲームで、2011年に海外向けとして発売。その後Steam Greenlightを経てSteamで販売されることとなりました。

原画を『僕が天使になった理由』や『DEARDROPS』で知られる藤丸氏が担当。旅行ガイドブック的な内容ながら、恋愛アドベンチャーゲームのようなノリで楽しめ、ちょっぴりHな要素もあるようです。

レビューも概ね好評で、「これぞ日本!」といった海外ユーザーからのコメントも。まさに日本の「萌え」が好きなファン向けの作品と言えるかもしれません。

なお本作は3月1日までスペシャルプロモーションを実施中で、50%オフの4.97ドルで購入可能。日本語にも対応しているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。


《菜種》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  3. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. プロが選ぶ安心・快適なゲーム環境「G-GEAR」・・・ゲームPCアワード受賞記念インタビュー

  6. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  7. 名タイトルで知るFPSの歴史(1)

  8. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  9. 【CEDEC 2014】GDCの講演は怖くない!みんなも公募にチャレンジしよう

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る