人生にゲームをプラスするメディア

『ペルソナ』チームのチーフディレクター橋野氏、思いの丈と今後の姿勢を語る ─ 会社組織として、アトラス再出発

その他 全般

待望の『ペルソナ5』、続報が待ち遠しいばかり
  • 待望の『ペルソナ5』、続報が待ち遠しいばかり
  • アトラス ロゴ
昨年ナンバリングタイトル最新作を発売したばかりの『真・女神転生』シリーズをはじめ、多彩なソフトを制作、リリースするアトラス。『ペルソナ』シリーズや『世界樹の迷宮』シリーズなどでも知られており、RPGを中心に多くのユーザーから高い人気を博しています。

独立会社としてスタートを切ったアトラスは、タカラトミーの連結子会社化を経て、インデックス・ホールディングスへ吸収合併された折りに会社は消滅し、ブランドとして継続していましたが、インデックスの民事再生スポンサーとしてセガが名乗りを上げ、先日インデックスを会社分割することを発表。その結果、デジタルゲーム事業を主とする株式会社アトラスが、新たに発足する運びとなりました。

めまぐるしく変化する状況に立たされながらも、会社組織としての再出発を果たしたアトラス。この発表を受けて、『ペルソナ』チームのチーフディレクター兼クリエイティブプロデューサーを務める橋野桂氏からコメントが寄せられました。

◆ペルソナチーム 橋野です

こんにちは。
やっと復活出来るようです(涙)。

ファンの皆さんには、ご心配をお掛けすることが多かった数年でした。あって当たり前のように思っていたアトラスという集まり(会社)を失い、それでもブランドとして継続させていく為に、作品が個性的だと喜ばれてきた意味や、そうあろうとしなければならない意義のようなものに、改めて向き合う数年でもありました。

大げさかもしれませんが、作品が持つべき個性とは、おそらく人のそれと同じで、誰かに刺激や影響を与え、時に良い意味で価値観までをも変えうる「魅力」のことだと思います。ただ楽しいだけに留まらず、プレイした体験が皆さんの心に残るものになって欲しい…そんな想いと拘りを大切に、クリエイティブを追求し続けてきました。

それは今後も変わりません。

皆さんに喜んでもらえる、そんなゲームを作り出していけるよう僕らも一層努めていきますので、変わらず暖かいご声援を頂けたら嬉しいです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

またアトラスネットでは、コンシューマソフトウェア局の局長である平岡直人氏からのコメントを掲載しており、「本日改めて、会社組織としての「アトラス」で再出発のご報告ができることは、お客様に昨年来、ご心配を頂く状況が続いていたにも関わらず、変わらぬご声援を頂いて来たからこそであると、アトラススタッフ一同、感極まる思いで一杯です」と、スタッフを代表して感慨と感謝の念を露わとしています。

新生アトラスが、今後どのような刺激的なタイトルでユーザーを楽しませ、また驚かせてくれるのか。大きな期待を抱きながら、これからの動向に注目しましょう。

(C)Index Corporation 1996,2013 Produced by ATLUS
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. これであなたも勇者に!?『ゼルダの伝説』仕様のNewニンテンドー2DS LLなど、限定グッズが予約受付中

    これであなたも勇者に!?『ゼルダの伝説』仕様のNewニンテンドー2DS LLなど、限定グッズが予約受付中

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. 『FGO アーケード』筐体設置予定店舗の一覧が公開―最寄りのゲーセンを今すぐチェック!

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 歌舞伎町で"リアル龍が如く"を満喫!『龍が如く』体験型ゲーム『100億の少女誘拐事件』が開催中

  6. カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

  7. 【今日のゲーム用語】「ロールバック」とは ─ 歓迎すべき事態ではないが、必要な次善策のひとつ

アクセスランキングをもっと見る