人生にゲームをプラスするメディア

ブロッコリー、平成26年2月期第3四半期決算を発表 ─ 『うたの☆プリンスさまっ♪』などが好調に推移し、年間配当予定金も前年の2倍近くに

その他 全般

ブロッコリー、平成26年2月期第3四半期決算を発表 ─ 『うたの☆プリンスさまっ♪』などが好調に推移し、年間配当予定金も前年の2倍近くに
  • ブロッコリー、平成26年2月期第3四半期決算を発表 ─ 『うたの☆プリンスさまっ♪』などが好調に推移し、年間配当予定金も前年の2倍近くに
ブロッコリーは、平成26年2月期第3四半期決算を発表し、業績予想及び配当予定の修正を明らかとしました。

売上高は49億8700万円(前年同期比 64.5%増)、営業利益は15億4500万円(前年同期比 183.3%増)、経常利益は15億4500万円(前年同期比 183.9%増)、四半期純利益は14億200万円(前年同期比 151.7%増)となり、それを受けて平成26年2月期通期業績予想を上方修正しています。

修正の理由として、ゲーム部門における『うたの☆プリンスさまっ♪MUSIC2』やその関連作のバックオーダーなどの好調と、新規タイトル『明治東亰恋伽』や『神々の悪戯』の堅調な推移などを明かしています。またCD部門に関しても、『うたの☆プリンスさまっ♪』を原作としたTVアニメ第2期『うたの☆プリンスさまっ♪マジ LOVE2000%』の放映に伴い、5月から6月にかけてリリースした「うたの☆プリンスさまっ♪マジ LOVE2000%アイドルソング」シリーズ計7作が、全作品週間オリコンランキングTOP10を達成するなどの成果を達成し、期初計画を上回ることができました。

このほかにも、カードゲーム部門では『Zillions of enemy X(ジリオンズ オブ エネミー エックス)』シリーズが、グッズ部門では『うたの☆プリンスさまっ♪』関連グッズがそれぞれ売上を好調に伸ばし、全体的に業績が押し上げられた形となっています。

この業績開示を鑑み、通期の業績について、売上高は64億万円(前回予想比+5億円~2億円)、営業利益と経常利益はそれぞれ18億円(前回予想比+3億円~1億5000万円)、当期純利益は16億5000万円(前回予想比+3億円~1億5000万円)の予想に修正しました。

また、平成26年2月期の1株当たり配当予定を、前回予定から1~2円増となる11円へと併せて修正し、前期実績の6円と比べると2倍近い増配予定を発表しています。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

    【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  3. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  4. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case08「対立」

  6. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case09「奪還・前編」

  7. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  8. どのシチュが好み?「#イーブイとデートなうに使っていいよ」が開催中―抽選50名にしっぽクッション、内1名はイーブイが直接手渡し!

  9. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

アクセスランキングをもっと見る