人生にゲームをプラスするメディア

【ガチレポ!】第31回 シネマティックAVG『ウォーキング・デッド』―究極の選択、リアルすぎる人物描写で紡ぐ傑作

冬休みまであと僅か、そろそろ冬休みの積みゲー消化計画を決定しないといけませんね。さて、今回扱うのはZ指定の『ウォーキング・デッド』。コミックタッチのグラフィック、リアルな人物描写、インタラクティブなストーリーをもつシネマティックAVGです。

ソニー PS3
リー・エヴェレット。極限の状況下で数々の苦しい選択を下していく
  • リー・エヴェレット。極限の状況下で数々の苦しい選択を下していく
  • ヒロイン、クレメンタイン。両親とはぐれながらも力強く生きようとする健気な少女
  • 序盤で出会う事になる仲間、ケニー。気さくで頼りになる良き父だが、他人に対して冷たい面も
  • 沸き起こる疑惑、疑念にどう対処する?たった数秒の間に返答を選ばないといけない
  • 画面左上の表示に注目。主人公の行動が他キャラクターの心情や今後の展開に影響を与えていく
  • 襲い来るのはウォーカーだけではない。極限状態に陥った人間もまた恐ろしい存在だ
  • マップ散策パート。怪しいものがないか調べたり、仲間と会話をしたりできる
  • 配給係になった主人公。今日の食料は4つ、仲間は10人。どう配る?⇒
冬休みまであと僅か、そろそろ冬休みの積みゲー消化計画を決定しないといけませんね。さて、今回扱うのはZ指定の『ウォーキング・デッド』。コミックタッチのグラフィック、リアルな人物描写、インタラクティブなストーリーをもつシネマティックAVGです。

本作『ウォーキング・デッド』は海外コミック『The Walking Dead』を原作にもつゾンビ・アポカリプス作品で、アメリカのケーブルテレビで放送されたドラマ版が有名です。今回ローカライズされたアドベンチャーゲーム版『ウォーキング・デッド』は海外では2012年に発売済となっており、同年に大量のゾンビゲームがリリースされたにも関わらず、「VGA2012 ゲームオブザイヤー」をはじめとする2012年度のゲームオブザイヤーを総ナメにしました。なお、ストーリーはオリジナルとなっているので、原作やドラマを知らない人でも全く問題なく楽しめます。


■真実味のあるキャラクターたち
物語の主人公は元大学教授の男性リー・エヴェレット。殺人の罪で移送される途中、ウォーカーと呼ばれるゾンビ化した人間に襲われてしまいます。なんとか逃げおおせた後、たった1人で生き延びていた少女クレメンタインと出会い、共に行動することになります。

本作に登場するキャラクター達はいずれも真実味のあるリアルな人物描写が特徴的。たとえば、家族思いの良き父であるケニーは息子のダックと妻のカーチャを守ろうと尽力するあまり、時に他人を見捨てようとしてしまう傾向がある人物で、父親思いで元軍人の女性リリーは皆をまとめようとリーダーシップを発揮する反面物言いがきつく、誤解を与えてしまうことも少なくありません。主人公を含め、単純な善悪で測れない等身大の人間ドラマが綴られていくのです。ゲームを進めるに従って様々なタイプの人物との出会いと別れを繰り返し、後述する「選択」の仕方によっては死亡してしまったり、助けてもらえたり、裏切られたりと予期せぬ展開をみせていきます。


■精神を摩耗する数々の「選択」
ゲームはドラマを常に見ているような感覚で進行していき、その合間合間に脱出ゲーム風のちょっとした探索パートが入ります。イベントムービーシーン(ドラマ)中にプレイヤーができることは、リアルタイムで発生する会話や行動の選択肢を決定することのみ。端的に言えばQTEです。

「なんだQTEか~。」という声が聞こえてきそうですが、たとえば、アクションゲームのムービー中に入るQTEでは、いつもの操作感覚との乖離が激しい点と、かっこいい映像をじっくり楽しめない点が不満を感じてしまうポイントになっているかと思います。筆者もあまり好きではありません。ですが、本作で求められる操作は徒歩移動と選択肢の決定、詰まるところ「ポイント&クリック」で、QTEで求められる操作との乖離が少ないのがポイント!しかもQTEが発生する時は大量のゾンビが四方八方から迫っているなど危機的状況である事が殆どで、場合によっては、襲われている2人の人物のうちどちらに手を差し伸べるか、といった仲間の生死に関わる非常に重要な「選択」をたった数秒という短時間で決定しなければいけない場合も少なくありません。

QTE中は状況の変化にあわせてカーソル位置を細かく調整したり、制限時間内でカメラを動かして脱出口や出来る事を探したりと、通常よりもアクティブかつ能動的にアクションを起こさないといけないため、ドラマに「参加している感覚」が強く得られるものとなっています。精神的な緊迫感はなかなかのモノです。

探索パートでは、プレイヤーは主人公リーを操作して仲間と会話することができます。これからの計画やいまの心境、他の仲間への思いなど色々な事が話題になりますが、殆どの場合、会話への返答には制限時間があるうえ、返答の仕方によっては後々のストーリーに大きな変化をもたらします。特定の返答を選択した際には、画面左上に「○○はあなたの言葉を忘れないだろう」などの表示が出ます。今後起こりうるどの出来事に影響を与えてしまったのだろうとハラハラドキドキしてしまいます。


■極限状態の濃密な物語を楽しむ体験型シネマ
エピソードは全5つ。1エピソード約2時間にスッキリとまとめられているため、1日1エピソード、映画を1本見ている感覚で楽しむことができます。1度クリアしたエピソードはチャプター毎に個別で楽しむことも可能ですが、本作は上記で述べたようにプレイヤーの「選択」によって多彩なストーリー展開と結末を迎える仕組みであるため、エピソード1からの通しプレイが最もオススメです。セーブデータは複数作ることができますので、異なる選択をしたセーブデータを残しておくのもいいでしょう。

本作の魅力はなんといっても人間ドラマに着目した深みのあるストーリー。そして、そのストーリーにさらに深みを出し、プレイヤーをこの世界へ引きずり込んでくれる「究極の選択」の数々にあります。食糧4つを10人のうちの誰に配る?疑惑をかけられ追放の危機にある仲間をどう扱う?ゾンビ化を恐れて慈悲を乞う女性に銃を渡す?ウォーカーを前に、罠で動けない人間を助ける?助けない?どの選択にも善も悪も正解もないのです。

筆者は海外版と今回の日本版を含めて合計3周遊びましたが、それでも食い入るように熱中してしまいます。並み居るゾンビゲームを押しのけ、なぜ高評価を得るに至ったのか。その理由が気になる方は1度手にとってみてください。



★こんな人にプッシュ★
・ドラマ、映画が好き
・ストーリー重視派
・ゾンビモノが好き

★その他備考★
・カートゥーンタッチなのにあまりに痛々しい描写が……

シネマティックAVG『ウォーキング・デッド』はPS3を対象に現在好評発売中。価格は6,279円(税込)です。

(C) 2012-13 Telltale, Inc. THE WALKING DEAD is (C) 2012-13 Robert Kirkman, LLC. Based on the Comic Book by Robert Kirkman, Tony Moore and Charlie Adlard. Telltale and the Telltale Games logo are trademarks of Telltale, Inc.

■筆者プロフィール
Ami
元・ゲームグラフィッカーのボス戦好きなアマゾネス。たわしヘアのクレメンタイン可愛い。
ゲームは雑食で、国産から海外、RPGからFPSまでなんでも遊ぶ、食い散らかし系です。とりあえず、ゲームができればそれで幸せ。
ブログ:http://blog.livedoor.jp/xxxplus/
《Ami》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

    『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  2. 『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

    『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

  3. 『SEKIRO』ボス再戦&連戦機能を体験―連戦の最後には“特別仕様”のボスが待ち受ける!

    『SEKIRO』ボス再戦&連戦機能を体験―連戦の最後には“特別仕様”のボスが待ち受ける!

  4. 『ウォッチドッグス レギオン』の手触りはどう? ロンドン在住者に街並みの再現度についても聞きました

  5. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  6. 流行りのマルチプレイゲームで友達とオンラインでも一緒に遊ぼう!これさえプレイすれば盛り上がること間違いなしの人気タイトル5選

  7. 『Ghost of Tsushima』冥人奇譚で“境井仁の凄さ”を痛感した話―最強の冥人は間違いなくこの男

  8. 『SEKIRO』機能追加アップデート配信開始! お得な「GAME OF THE YEAR EDITION」も発売

  9. 【UPDATE】【特集】メトロイドヴァニアってどんなゲーム?虫やロボットが活躍する最新作から、押さえておきたい往年の名作までおすすめ5選

  10. PS Plus11月の提供コンテンツとPS5向け新特典「PlayStation Plusコレクション」「ゲームヘルプ」の情報を公開

アクセスランキングをもっと見る