人生にゲームをプラスするメディア

シリーズ初参戦となる「ハンブラビ」も登場!『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』参戦5機体を画像と共に紹介

その他 フォトレポート

シリーズ初参戦となる「ハンブラビ」も登場!『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』参戦5機体を画像と共に紹介
  • シリーズ初参戦となる「ハンブラビ」も登場!『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』参戦5機体を画像と共に紹介
  • シリーズ初参戦となる「ハンブラビ」も登場!『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』参戦5機体を画像と共に紹介
  • シリーズ初参戦となる「ハンブラビ」も登場!『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』参戦5機体を画像と共に紹介
  • シリーズ初参戦となる「ハンブラビ」も登場!『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』参戦5機体を画像と共に紹介
  • シリーズ初参戦となる「ハンブラビ」も登場!『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』参戦5機体を画像と共に紹介
  • シリーズ初参戦となる「ハンブラビ」も登場!『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』参戦5機体を画像と共に紹介
  • シリーズ初参戦となる「ハンブラビ」も登場!『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』参戦5機体を画像と共に紹介
  • シリーズ初参戦となる「ハンブラビ」も登場!『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』参戦5機体を画像と共に紹介
バンダイナムコゲームスは、PlayStation3ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』に参戦するMSが発表されました。

PS3版独自要素となるフルバーストミッションの搭載や、隅々まで行き届いたオンライン仕様など、全国のユーザーとの様々な楽しみ方を提供してくれる『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』は、シリーズ集大成とも言える90機以上のプレイアブルMSが用意されています。

これまでの情報公開でも数多くの参戦MSがその姿を現しましたが、このたび新たに5機の登場が正式に明かされました。しかも、発表された機体のひとつである「ハンブラビ」は本シリーズでは初参戦となり、存在感のあるこの独特なフォルムに魅了されていたファンからは喜びの声が上がることでしょう。

■機体名:ハンブラビ
原作名:機動戦士Zガンダム
コスト:2000
パイロット名:ヤザン・ゲーブル
戦闘BGM:METAMORPHOZE~メタモルフォーゼ~,モビルスーツ戦
メイン射撃:腕部ビーム砲
格闘:ビーム・サーベル
サブ射撃:背部ビーム・ライフル
特殊射撃:ハンブラビ 呼出
特殊格闘:急速変形
バーストアタック:海ヘビを味わいなッ!

機体特徴:
豊富な射撃攻撃と、特殊格闘による変形アクションを駆使した射撃戦が得意な、2000コストの射撃寄り万能機。
MA時のサブ射撃を中心に、使いやすい射撃武装が揃っているので、弾幕を張って相手の自由を奪っていこう。
また、特殊射撃で呼び出せるハンブラビは、弾幕を強化するだけでなく、海ヘビを使った連携攻撃を繰り出すことも出来る。
近づかれたときの迎撃や、ロックされていないときの奇襲など、使いどころを見極めて狙っていこう。



■機体名:Zガンダム
原作名:機動戦士Zガンダム
コスト:2500
パイロット名:カミーユ・ビダン
戦闘BGM:METAMORPHOZE~メタモルフォーゼ~,モビルスーツ戦,宇宙を駆ける
メイン射撃:ビーム・ライフル
格闘:ビーム・サーベル
サブ射撃:グレネードランチャー
特殊射撃:ハイパー・メガ・ランチャー
特殊格闘:ビームコンフューズ
バーストアタック:巨大ビーム・サーベル

機体特徴:
使い勝手のいい射撃武装を豊富に持ち、援護射撃が非常に得意な2500コストの射撃寄り万能機体。
カートリッジリロードで弾を回復できる上に3連射が可能なメイン射撃や、動きながら使用できるサブ射撃、一撃ダウンの特殊射撃を中心に立ち回ろう。
今作では1回の出撃で1度使用可能なチャージ格闘でメタスを呼び出し、味方の弾数を回復することが出来るようになったので、より連携が重要になったぞ。



■機体名:メッサーラ
原作名:機動戦士Zガンダム
コスト:2000
パイロット名:パプテマス・シロッコ
戦闘BGM:METAMORPHOZE~メタモルフォーゼ~,モビルスーツ戦
メイン射撃:メガ粒子砲
格闘:ビーム・サーベル
サブ射撃:メガ粒子砲【照射】
特殊射撃:ガブスレイ 呼出
特殊格闘:急速変形
バーストアタック:プレッシャー

機体特徴:
MA形態へ移行できる特殊格闘と、変形中のアクションに特化した、2000コストの射撃機体。
MA形態のアクションは、MS形態で使用するときよりも強化されているので、まずはMA形態の操作に慣れるところから始めよう。
主力武装はチャージ射撃のミサイルポッドとサブ射撃のメガ粒子砲。長いロックオン距離を利用して遠距離から相手を攻めていこう。



■機体名:スサノオ
原作名:機動戦士ガンダムOO
コスト:2500
パイロット名:ミスター・ブシドー
戦闘BGM:泪のムコウ
メイン射撃:入魂
格闘:強化サーベル(シラヌイ、ウンリュウ)
サブ射撃:トライパニッシャー
特殊射撃:トランザムシステム
特殊格闘:急速接近/強化サーベル【兜割り】/【連続回転斬り】
バーストアタック:愛の一撃

機体特徴:
メイン射撃の入魂、特殊射撃のトランザムシステムを駆使して敵に一閃を浴びせる、2500コストの格闘機体。
今作では、コストが2500に変更され、格闘、射撃それぞれに新アクションが追加されるなど、様々な強化が加わっているぞ。
一機につき一度しか発動できないトランザムシステム発動中に勝負を仕掛けるというセオリーは変わっていないので通常時はチャージ射撃のビームチャクラムで味方の援護をしつつ、戦うものだけが到達する極を目指そう。



■機体名:ガンダムデュナメス
原作名:機動戦士ガンダムOO
コスト:2000
パイロット名:ロックオン・ストラトス
戦闘BGM:泪のムコウ
メイン射撃:GNスナイパーライフル
格闘:GNビームサーベル
サブ射撃:GNビームピストル
特殊射撃:GNミサイル
特殊格闘:GNフルシールド
バーストアタック:高高度狙撃銃

機体特徴:
GNスナイパーライフルによる遠距離からの狙撃が特徴的な、2000コストの射撃機体。
チャージ射撃は、最大までチャージすることでロックオン距離が延長され、どこからでも敵を狙い撃つことができるようになるぞ。
それ以外にも、前方からの攻撃を一定量防げるGNフルシールドや、けん制に最適なGNビームピストルなど
様々な武装が揃っているのでどんな状況にも対応出来る。冷静に敵の狙いを見極め、撃ち抜いて行こう。



「機動戦士Zガンダム」からは、初参戦の「ハンブラビ」だけでなく、主役機や物語の鍵を握ったシロッコの初期搭乗機体の発表と、ファンのツボをくすぐる絶妙なラインナップでの公開となった『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』。もちろん、「機動戦士ガンダムOO」からの通好みのチョイスも外せません。

数多くの機体が登場する本作では、愛用する機体を探すだけでも選択肢が数多く、ユーザーとしては嬉しいばかり。今後も明かされるであろう参戦機体の情報をチェックし、愛機を事前に決めておくのもいいかもしれませんね。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』は、2014年1月30日発売予定。価格は、通常版のパッケージ・ダウンロードともに7,980円(税込)、期間限定生産「プレミアムGサウンドエディション」のパッケージ・ダウンロードともに10,980円(税込)です

(C)創通・サンライズ
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』×『Devil May Cry』コラボは4/27から、ゼロから始める『マギレコ』生活、『ドラクエVR』新映像公開…など(4/20)

    【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』×『Devil May Cry』コラボは4/27から、ゼロから始める『マギレコ』生活、『ドラクエVR』新映像公開…など(4/20)

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. 『FGO』ジュラルミン製iPhoneケースの限定予約が開始―どんな衝撃からもサーヴァントが守ってくれる!

  4. 『カスタムオーダーメイド3D2』にVTuber実現機能「バーチャルアバタースタジオ」追加!―ただし現時点では18歳未満は利用禁止・収益化も不可

  5. 『ドラクエVR』4月27日稼働開始!アクティビティの予約は本日4月20日からスタート

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

  8. 「ミニファミコン」楽天ビックで4月17日より再販開始!

アクセスランキングをもっと見る

1