人生にゲームをプラスするメディア

糸井氏のサイン入り『MOTHER 2』カートリッジがチャリティーオークションに出品―癌と戦う友人のため、ファンとスタッフが連携プレイ

その他 全般

糸井氏のサイン入り『MOTHER 2』カートリッジがチャリティーオークションに出品―癌と戦う友人のため、ファンとスタッフが連携プレイ
  • 糸井氏のサイン入り『MOTHER 2』カートリッジがチャリティーオークションに出品―癌と戦う友人のため、ファンとスタッフが連携プレイ
  • 『MOTHER2 ギーグの逆襲』パッケージ
糸井重里氏の直筆サイン入りの『MOTHER 2』カートリッジが、チャリティーを目的とするオークションに出品されることがわかりました。

元となった『MOTHER 2』カートリッジは、James Hensiekさんが同僚のBen Bizzleさんにプレゼントしたものです。が、その後Jamesさんが癌に冒されていることが判明。Benさんは、癌と戦うJamesさんの手助けになるよう、この『MOTHER 2』カートリッジをオークション出品することを決意したということです。

そうしてBenさんは、この事を『MOTHER 2』ファンサイト「Starmen.net」のフォーラムに投稿。糸井重里氏との繋がるがある人物はいないかどうか訪ねたところ、糸井氏のオフィスで働く翻訳者Lindsay Nelson氏とコンタクトをとることに成功し、『MOTHER 2』カートリッジを糸井氏に受け取ってもらうことが出来たということです。

数日後、確認のために糸井氏から送られてきた写真には、サインの前に「to James」と書かれていたようですが、うまく誤魔化して「for James」に修正された模様。こうしたエピソードも直筆ならではの温かみを感じさせますね。

オークションは12月1日に開始予定。チャリティー目的ということで、最高入札者以外の入札も、寄付として集められるということです。
《Ami》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

    「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  2. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

    バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  3. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」2018年4月放送開始!

  6. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  7. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  8. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  9. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

アクセスランキングをもっと見る