人生にゲームをプラスするメディア

写真のミスや文字の誤植などが報告された「艦これ白書」に関し、角川マガジンズが今後の対応を報告

角川マガジンズは、『艦隊これくしょん ~艦これ~』のオフィシャルガイドブックとなる「艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック-」を購入した方を対象に、今後の対応に関する告知を行いました。

PCゲーム オンラインゲーム
「艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック-」
  • 「艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック-」
  • 『艦隊これくしょん ~艦これ~』ロゴ
角川マガジンズは、『艦隊これくしょん ~艦これ~』のオフィシャルガイドブックとなる「艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック-」を購入した方を対象に、今後の対応に関する告知を行いました。

2013年4月に運営を開始したブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』は、「艦娘(かんむす)」と呼ばれるキャラクターを集めて強化し、自分だけの艦隊を編成して勝利を目指すという、艦隊育成シミュレーションゲームです。サービス開始から半年を待たずに100万ユーザーを突破し、ゲームだけでなく様々な商品とのコラボレーションも展開。また、アニメ化かPS Vitaソフトとしてリリースされる予定も明らかとなっています。

そんな本作の魅力を書籍で綴る、「艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック-」が角川マガジンズからリリースされましたが、本書には写真のミスや文字の誤植などが各所に見られ、対応のひとつとして、「写真、誤字に関する正誤表 第1弾 PDFファイル(約1.1M)」が公式サイトにて公開されています。

正誤表が必要となる現状において、角川マガジンズはこのたび改めて、本書購入者向けの告知を発表しました。その告知の中で、ミスや誤字を謝罪すると共に「対応施策に関しまして、詳細が決定しましたら改めてホームページにて告知させていただきます」とし、現在も進行形でこの問題に対処している旨を明らかとしました。

また同告知内にて、「ご購入された皆様は告知のあるまで、本書を大切に保管してくださいますようお願い申し上げます」との一文も記されているので、今現在本書が手元にある方は、そのまま続報をお待ち下さい。

(C) 2013 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.
(C) KADOKAWA CORPORATION 2013
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. 暴騰か暴落―引退したネトゲの期間限定アイテムは今どれくらいの価値になっているのか?約2年振りに復帰しその値段を調べてみた!

    暴騰か暴落―引退したネトゲの期間限定アイテムは今どれくらいの価値になっているのか?約2年振りに復帰しその値段を調べてみた!

  3. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

    【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  4. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  5. 『センチメンタルグラフティ』クラウドファンディングを達成し2019年1月、イベント実施が決定!

  6. 『超銀河船団』第二部隊隊員が公開!ぴっちりパイロットスーツから猫耳まで

  7. てんかんに苦しむ医師ホラー『Roots of Insanity』配信―日本語対応!

  8. 安心・簡単のドコモ口座アプリでSteamの新作ゲームを買ってみた!

  9. 『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』Steam版発表!VRモードもHTC Vive/Oculus Rift対応に

  10. 【特集】怪しさ満点の海外産脱衣シュー『Deep Space Waifu』をプレイ…ユルさの中にもSTGらしさが光る?

アクセスランキングをもっと見る