人生にゲームをプラスするメディア

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!

バンダイナムコゲームスは、PlayStation3ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』の最新情報を公開しました。

ゲームビジネス その他
『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!
  • 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!
  • 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!
  • 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!
  • 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!
  • 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!
  • 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!
  • 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!
  • 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!
バンダイナムコゲームスは、PlayStation3ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』の最新情報を公開しました。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』は、シリーズ史上もっとも多い参戦作品数とプレイアブルMS機体数を誇り、進化したEXシステムによる爽快で高度な駆け引きを、オフラインからオンラインまで多彩に満喫できるという、極限とも言うべき進化を果たした、ファン注目の一作です。

前回、EXVSシリーズ初参戦となる「ガンダムシュピーゲル」の登場も明かされた本作ですが、このたび更なる情報公開が一挙に行われました。どれも、本作に興味を持つ方には見逃せない情報ばかりとなっているので、ひとつずつ紹介させていただきます。

まずは、PS3版だけの新たなるモードの存在が明らかとなりました。その名も、「フルブーストミッション」。120以上も用意された豊富なミッションを攻略しながら、入手したポイントを使用してMSの強化やスキル習得といった機体カスタマイズ、そしてフィギュアの収集までもが楽しめる、贅沢なやり込み要素満載の新モードです。

勝利条件はミッションごとに用意されているので、臨機応変な対応が求められます。ですが4段階の難易度選択もあるので、アクションが得意でない人もご安心ください。クリア後には、バトル中に達成した評価項目に応じたボーナスポイントが加算され、撃破数やファーストアタックなど、活躍するほど多くのポイントが入手できます。

ミッション選択画面で△ボタンを押すと、使用機体の選択画面へと移行。全機体の中から好きなMSを選べます。また「お気に入り機体」の登録枠もあるため、使用頻度の高い機体はあらかじめ設定しておくと、より便利に遊べます。

ミッションで入手したスキルポイントは、機体ごとに蓄積されていきます。スキルには主に射撃や格闘などの「能力強化系」、ブーストゲージ/EXゲージの溜まり方や量を変化させる「ゲージ系」があり、この他にも「機体のコストダウン」や「スキルポイントの獲得量増加」などの特殊なものも存在するので、より個性的なパワーアップが楽しめることでしょう。

またフルブーストミッションでは、MSのフィギュアを獲得したり、ネットワークを介してオンラインプレイ専用のミッションを他プレイヤーと協力しながら遊ぶといった、様々な楽しみ方が用意されています。なお、強化したMSや獲得ポイントは、オンラインとオフラインで共有されているので、こつこつと育て上げたMSをオンラインで披露、という遊び方も可能となります。

システム面での楽しさをたっぷりと紹介した後は、本作に参戦が決定した機体を紹介します。このたび公開となったのは、「カプル&コレンカプル」。∀ガンダムに登場するこの機体は、他のMSにはないシステム的な特徴を持ち合わせています。詳しくは、下記をご覧ください。

■機体:カプル&コレンカプル
原作名:∀ガンダム
コスト:2000
パイロット名:ソシエ・ハイム&コレン・ナンダー
戦闘BGM:ターンAターン
メイン射撃:ハンドガン
格闘:クロー
サブ射撃:メシェー 呼出
特殊射撃:ミサイル
特殊格闘:バトンタッチ
バーストアタック:その股ぐらに、ロケットパァァァンチィッ!

機体特徴:
カプルとコレンカプルそれぞれが個別の耐久値を持ち、出撃していない機体の耐久値は徐々に回復するという特徴を持つ機体。
戦闘開始時はカプルで出撃するが、特殊格闘を入力することでコレンカプルと交代することが出来るぞ。
どちらか一方の耐久値がゼロになった時点で撃破されてしまうので、注意が必要だ。
カプルは射撃戦が、コレンカプルは格闘戦が得意なので、状況に合わせてうまく交代しながら立ち回ろう。


また、このたび参戦が決定したのはカプル&コレンカプルだけではありません。アーケード版未登場となる、「ガンダム・センチネル」の人気MS「Ex-S ガンダム」が、本シリーズに初登場します。しかもこの機体は、初回封入特典となるプロダクトコードで使用可能となるため、初回分を買い逃すと悔しい思いをすることになるかもしれません。欲しい方は、店舗などで確認の上、早めの予約をお勧めします。

魅力的なPS3版の独自要素から、プレイするのが楽しみな機体の発表まで、たっぷりの情報公開となった『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』。発売までまだ少し時間があるので、今のうちにアーケード版で腕を磨くなり、原作となる数々のガンダム作品を見返すなど、それぞれのスタイルで本作の発売日をお待ち下さい。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』は、2014年1月30日発売予定。価格は、通常版のパッケージ・ダウンロードともに7,980円(税込)、期間限定生産「プレミアムGサウンドエディション」のパッケージ・ダウンロードともに10,980円(税込)です

(C)創通・サンライズ
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

    「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  3. 【CEDEC 2012】Havokはゲームエンジン「Vision Engine」を紹介

    【CEDEC 2012】Havokはゲームエンジン「Vision Engine」を紹介

  4. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  5. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  6. Ouyaと同様の小型ハード“GameStick”がKickstarterに登場、開始1日で目標額を突破

  7. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  8. 日本初(?)のUnreal Engine 4を使ったモバイルゲームをたった一人で開発 『ダンジョン&バーグラー』のヒストリアを直撃

  9. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 無許可でサーバー設置、中国人二人を逮捕・・・オンラインゲームなどに利用

アクセスランキングをもっと見る