人生にゲームをプラスするメディア

スクエニHD、平成26年3月期第2四半期(累計)連結業績予想数値を上方修正 ― ディストリビューション販売や『新生FFXIV』が好調

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成26年3月期第2四半期(累計)連結業績予想数値を上方修正しました。

ゲームビジネス その他
スクウェア・エニックス・ホールディングス
  • スクウェア・エニックス・ホールディングス
スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成26年3月期第2四半期(累計)連結業績予想数値を上方修正しました。

これにより、売上高 617億円(増減額 △13億円~27億円)、営業利益 47億円(増減額 47億円~67億円)、経常利益 57億円(増減額 57億円~77億円)、四半期純利益 26億円(増減額 26億円~39億円)となりました。

修正の理由としては、北米での家庭用ゲーム機向けソフトウェアのディストリビューション販売や、『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』のソフトウェア販売が計画を上回ったこと、アミューズメント事業において、アミューズメント機器の販売が計画を上回ったこと、全社にわたる経費節減を徹底したことなどが挙げられています。

なお、平成26年3月期通期の連結業績予想については、不透明要因もあるため、現時点では変更はないとのことです。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】パルマー・ラッキーの裏側―次は『君の名は。』三葉のコスプレを

    【特集】パルマー・ラッキーの裏側―次は『君の名は。』三葉のコスプレを

  2. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  3. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  5. スマホゲームはブラックオーシャン、挑戦者の一人として戦う・・・ガンホー・オンライン・エンターテイメント森下一喜社長

  6. 「日本ゲーム大賞 2015アマチュア部門」HAL、東京工芸、バンタンなどの16作品が最終審査へ進出

  7. 「AbemaTV」がスマートフォンVRプラットフォーム「Daydream」に対応を開始!

  8. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  9. コーエーテクモ、シブサワ・コウからのメッセージ ― 『信長の野望』30周年記念、最新作を開発中

  10. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

アクセスランキングをもっと見る