人生にゲームをプラスするメディア

スクエニHD、平成26年3月期第2四半期(累計)連結業績予想数値を上方修正 ― ディストリビューション販売や『新生FFXIV』が好調

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックス・ホールディングス
  • スクウェア・エニックス・ホールディングス
スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成26年3月期第2四半期(累計)連結業績予想数値を上方修正しました。

これにより、売上高 617億円(増減額 △13億円~27億円)、営業利益 47億円(増減額 47億円~67億円)、経常利益 57億円(増減額 57億円~77億円)、四半期純利益 26億円(増減額 26億円~39億円)となりました。

修正の理由としては、北米での家庭用ゲーム機向けソフトウェアのディストリビューション販売や、『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』のソフトウェア販売が計画を上回ったこと、アミューズメント事業において、アミューズメント機器の販売が計画を上回ったこと、全社にわたる経費節減を徹底したことなどが挙げられています。

なお、平成26年3月期通期の連結業績予想については、不透明要因もあるため、現時点では変更はないとのことです。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

    『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  2. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  3. 任天堂、中国の製造委託先を調査開始・・・従業員の自殺者が多発

    任天堂、中国の製造委託先を調査開始・・・従業員の自殺者が多発

  4. 今週発売の新作ゲーム『CLOSED NIGHTMARE』『GROOVE COASTER』『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』他

  5. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  6. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

  7. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  8. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  9. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  10. アプリックス、ジー・モードをONE-UPに7億5000万円で売却

アクセスランキングをもっと見る