人生にゲームをプラスするメディア

マイクロソフト、Windows 8.1搭載タブレット「Surface Pro 2」「Surface 2」を10月25日から発売

その他 全般

「Surface Pro 2」(右)と「Surface 2」
  • 「Surface Pro 2」(右)と「Surface 2」
  • 「Surface Pro 2」はHaswell搭載
  • 「Surface 2」はTegra 4搭載
 日本マイクロソフトは24日、Windows 8.1搭載タブレット「Surface Pro 2」とWindows RT 8.1搭載タブレット「Surface 2」を10月25日から日本国内で販売を行うと発表した。

 「Surface Pro 2」は「Surface Pro」の後継モデル、「Surface 2」は「Surface RT」の後継モデル。日本で発売されるのは、「Surface Pro 2」が128GBモデル、256GBモデル、512GBモデルの3機種、「Surface 2」が32GBモデル、64GBモデルの2機種。

 価格は、「Surface Pro 2」128GBモデルが99,800円、256GBモデルが129,800円、512GBモデルが179,800円。ちなみに128GBモデルはメモリが4GB、256GB/512GBモデルは8GBとなる。「Surface 2」は32GBモデルが44,800円、64GBモデルが54,800円。メモリはともに2GB。

 「Surface Pro 2」は、プロセッサを第3世代Coreから最新の第4世代Core(Haswell)へと強化しつつ、バッテリー駆動時間を最大60%延長するなど省エネにも注力した。ディスプレイは10点タッチ対応の10.6型液晶(1,920×1,080ピクセル)、OSはWindows 8.1 Pro、OPUにCore i5-4200U(1.6GHz)、1024段階の筆圧に対応したデジタイザペン入力機能も搭載する。

 「Surface 2」は、CPUをTegra 3からTegra 4に強化し、ディスプレイもフルHD解像度となった。また、こちらも省エネに配慮されている。ディスプレイは5点タッチ対応10.6型、OSはWindows RT 8.1、CPUはTegra 4(1.7GHz)。

 「Surface Pro 2」「Surface 2」は9月に発表、22日から北米などで発売されていた。発表時には日本での発売の予定はアナウンスされなかったが、3日遅れで日本市場にも登場ということになった。グローバルモデル同様、Skypeを使った固定電話(世界60カ国)との通話が1年間無料、SkyDriveの200GBまでの利用が2年間無料になるなどの特典が付与されている。
《関口賢@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『デレマス』城ヶ崎美嘉が60cm大の“スマートドール”で初お披露目!

    『デレマス』城ヶ崎美嘉が60cm大の“スマートドール”で初お披露目!

  2. 60cm大ドール“ドルフィードリーム”で『デレマス』の「高垣楓」が登場!

    60cm大ドール“ドルフィードリーム”で『デレマス』の「高垣楓」が登場!

  3. 「NEOGEO mini」周辺機器をチェック! 専用コントローラーや本体に貼るステッカーなどが同日発売─早くも売り切れ続出

    「NEOGEO mini」周辺機器をチェック! 専用コントローラーや本体に貼るステッカーなどが同日発売─早くも売り切れ続出

  4. 会場で「NEOGEO mini」を発見!気になるサイズや操作性をチェック【E3 2018】

  5. 「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

  6. 収録タイトルも判明!「NEOGEO mini」は今夏発売予定―100メガショックを手のひらに

  7. スマートドール「西住みほ」製品画像が公開、2ピース水着など付属物も明らかに

  8. 『FGO』「マシュ・キリエライト」私服verがfigmaに!「もっと先輩のお役に立てるよう……頑張ります」

  9. 「NEOGEO mini」は“いつでもセーブ”が可能! 嬉しい機能で利便性もアップ

  10. 「ジョジョ」第5部“黄金の風”が10月TVアニメ化! 第1話の先行上映イベントも開催

アクセスランキングをもっと見る