人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーDSを80年代風アーケードミニ筐体にリメイクするユーザーが現る

ニンテンドーDSをベースに、80年代風アーケードのアップライトミニゲーム筐体を自作しRedditにて公開したユーザーが現れました。制作したbutton-masherさんのコメントによると、制作期間は約3ヶ月、費用はだいたい150ドルほどかかったそうです。

その他 フォトレポート
ニンテンドーDSを80年代風アーケードミニ筐体にリメイクするユーザーが現る
  • ニンテンドーDSを80年代風アーケードミニ筐体にリメイクするユーザーが現る
  • ニンテンドーDSを80年代風アーケードミニ筐体にリメイクするユーザーが現る
  • ニンテンドーDSを80年代風アーケードミニ筐体にリメイクするユーザーが現る
  • ニンテンドーDSを80年代風アーケードミニ筐体にリメイクするユーザーが現る
  • ニンテンドーDSを80年代風アーケードミニ筐体にリメイクするユーザーが現る


ニンテンドーDSをベースに、80年代風アーケードのアップライトミニゲーム筐体を自作しRedditにて公開したユーザーが現れました。制作したbutton-masherさんのコメントによると、制作期間は約3ヶ月、費用は150ドルほどかかったそうです。

この筐体は80年代の名作アーケードゲーム『ギャラガ』の専用筐体風に仕上げていますが、中身はニンテンドーDSのメイン液晶部分をフロントに配置し、サブのタッチパネルを背面に仕込んでいる為、ニンテンドーDSソフトで2ボタンまでのゲームならプレイが可能な筐体となっています。塗装など装飾を施す前のテストプレイ映像では、『ナムコミュージアムDS』で『ゼビウス』『パックマン』『ギャラクシアン』『ディグダグII』などをプレイする様子が収められています。

スタート、セレクトボタンをコインシューター部分に割り当てるなど、細かい仕様もこだわったこのミニ筐体。ニンテンドーDSのリメイクとしてお部屋のインテリアにも素敵な作品に仕上がっています。
《DOG COMIC》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

    「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

  2. ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

    ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

  3. 【週刊インサイド】『FGO』×ローソンコラボキャンペーンが話題に! 気品あふれる中国コスプレイヤーやユニークな特集もご覧あれ

  4. 「神秘的な美しさ」「本物みたい」『FGO』マリーからネロまで気品あふれる中国コスプレイヤー板醫生【インタビュー】

  5. ポケモンカード「GXウルトラシャイニー」11月2日発売─あの「テテフ」はもちろん、色違いGX「ジガルデ」&「レックウザ」も収録!

  6. アーケード『ソウルリバース』2019年2月下旬稼働終了─「皆さまに合わせる顔もなく、伏してお詫びを申し上げる次第」

  7. 『キャプテン翼』&『進撃の巨人』を題材にしたVRアトラクションのロケテストが開催決定!

アクセスランキングをもっと見る