人生にゲームをプラスするメディア

【ノーコン・キッドのゲームを現行機で遊ぼう!】第2回に出てきた『ポールポジションII』の系譜は今も続く

その他 全般

ポールポジションII (撮影者 空練 提供Wikipediaより)
  • ポールポジションII (撮影者 空練 提供Wikipediaより)
  • 『ポールポジションII』収録『ナムコミュージアム バーチャルアーケード』
  • 『ポールポジションII』収録『ナムコミュージアム アーケードHITS!』
テレビ東京系ドラマ「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」。その第2回に登場したゲーム『ポールポジションII』は、現行のハードでもプレイすることが可能です。

『ポールポジションII』は、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より1983年にアーケードに登場したレースゲームで、同じく1982年にアーケードに登場したレースゲーム『ポールポジション』の続編です。初代『ポールポジション』にコースが追加されたほか、ゲーム性も一部パワーアップしています。

当時のレースゲームは車体やコースを真上から見下ろしたトップビュー式が主流でしたが、『ポールポジション』シリーズでは、車体を後方から見るリアビュー式を採用しており、後のレースゲームに大きな影響を与えたとも言われています。

規定タイムより早いラップタイムを目指す予選を勝ち抜き、敵車両とともに走る決勝レースでの勝利を目指します。今日では当たり前となった「ドリフト」などのコーナーテクニックや「ターボ」などの加速テクニックも採用されており、当時のレースゲームとしては圧倒的な完成度を誇りました。


【Xbox 360】
■『ナムコミュージアム バーチャルアーケード』
価格:4,179円(税込)
形態:パッケージソフト
公式サイト:http://namco-museum-va.namco-ch.net/

ナムコブランドのタイトルを合計32本収録したバラエティソフト。『ポールポジションII』のほか、前回紹介した『ゼビウス』なども収録されています。



【iOS】
■Pole Position: Remix
価格:170円(税込)
形態:ダウンロードソフト
配信サービス:App Store
公式サイト:http://www.bandainamcogames.co.jp/mobile/app.php?id=658

『ポールポジション』をスマートフォン向けにアレンジしたタイトルです。オリジナルの雰囲気も色濃く残っています。



機能制限のある無料版『Pole Position: Remix Lite』も用意されています。


現行機と呼ぶにはやや厳しいものの、現状でプレイできるハードが少ないため、こちらもご紹介しておきます。


【PlayStation 2】
■ナムコミュージアム アーケードHITS!
価格:5,040円(税込)
形態:パッケージソフト
公式サイト:http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/namco_museum_arcade_hits/index.php

70年代から80年代にかけてアーケードに登場したゲーム16タイトルを収録したバラエティソフト。『ポールポジションII』以外にも、前回紹介した『ゼビウス』や、ドラマに登場している数々のゲームが収録されています。


ドラマ「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」と一緒に登場ゲームを楽しめば、ドラマの面白さもゲームの面白さも倍増すること間違いなし。前回の『ゼビウス』に比べるとややプレイできる環境が限られているものの、もし興味を持ってプレイできる環境がある人は、ぜひ『ポールポジションII』をプレイしてみてくださいね。

(C)NBGI

『ポールポジションII』アーケード筐体画像:撮影者 空練 提供(Wikipediaより)
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  2. 【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

    【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

  3. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

    日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  4. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  5. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 「平成の海援隊」が提案する“ゲームによる地域の活性化”─DeNA Games Tokyoと尾崎知事がその狙いを語る

  8. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

  9. 『ニーア オートマタ』のアダムとイヴがLINEスタンプに!「いい子だ」「ニイチャーン!」など全40種類

アクセスランキングをもっと見る

1