人生にゲームをプラスするメディア

ワーナー・ブラザースのモントリオールスタジオがスタッフ100名を雇用

レイオフのニュースが続くゲーム業界ですが、『バットマン:アーカム・ビギンズ』などを開発するワーナー・ブラザースのモントリオールスタジオが、新たなスタッフ100名を雇用することが明らかになりました。

その他 全般
ワーナー・ブラザーズ ロゴ
  • ワーナー・ブラザーズ ロゴ
レイオフのニュースが続くゲーム業界ですが、『バットマン:アーカム・ビギンズ』などを開発するワーナー・ブラザースのモントリオールスタジオが、新たなスタッフ100名を雇用することが明らかになりました。

海外メディア「CTV News」によると、今回の大量雇用は今後5年にわたって行われるモントリオールスタジオを拡大するための6,300万ドルのプロジェクトの一部で、ケベック州政府による150万ドルの投資も決定しています。

雇用されたスタッフの平均年齢は30歳、給与は平均で年間7万ドルが支払われます。また全てのスタッフが開発人員ではないことも明らかになっています。

なお、ユービーアイソフトはケベック州政府への謝辞と共にスタッフ500名を雇用するつもりであることを先週発表したこともあり、今後も同スタジオの拡大に合わせて逐次人員追加があると予測されます。
《菜種》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』“2B”と“9S”の大型ドール「ドルフィードリーム」受注予約がアナウンス!

  2. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  3. 『FGO』マスター御用達なキャリーバッグが登場!デザインと機能性を両立で人理修復や空想切除が捗りそう

  4. 【週刊インサイド】『FGO』12月のアップデートで利便性が向上! 『スプラトゥーン2』の「メイン性能アップ」に迫る特集にも注目集まる

  5. ハリウッド実写映画『ソニック・ザ・ムービー』ポスタービジュアル解禁!青いシルエットが最高にクール

アクセスランキングをもっと見る