人生にゲームをプラスするメディア

インディーサンドボックスゲーム『8BitMMO』のDesktop Editionが発表

その他 全般



Steam Greenlightの通過作品でもあるブラウザベースのインディーサンドボックスゲーム『8BitMMO』ですが、デベロッパーのArchive Entertainmentは本作の“Desktop Edition”を発表しました。

本作は、250人が同時にアクセス可能な世界では建物などを自由に構築する事ができ、基本的なPvPやPvEも搭載されています。

そんな『8BitMMO』を遊ぶには、ブラウザアプレットを実行するためにJavaのインストールや設定などが必要でしたが、“Desktop Edition”ではJavaと実行可能なゲームが同梱され、自動更新にも対応。デスクトップから容易に起動可能となっているそうです。加えて、新たなレベリングシステムや2つの新武器、2体の新モンスター、フレンドリストなどの追加を含む多くの改良が施されているとの事。

また、サーバーのアップグレードや新たなプラットフォームに対応するための資金を調達するクラウドファンディングもスタート。目標金額は1,000ドルで、出資者には“Desktop Edition”プライベートベータへの参加権など幾つかの特典が用意されています。

現在は75,000人以上のユーザーが登録している『8BitMMO』。“Desktop Edition”やSteam版がリリースされれば更にユーザーが増えるかもしれません。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  2. 【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

    【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

  3. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

    日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  4. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  5. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 「平成の海援隊」が提案する“ゲームによる地域の活性化”─DeNA Games Tokyoと尾崎知事がその狙いを語る

  8. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

  9. 『ニーア オートマタ』のアダムとイヴがLINEスタンプに!「いい子だ」「ニイチャーン!」など全40種類

  10. 「モンスターハンター:ワールド×ALOOKコラボメガネ」ラインナップ判明! ネルギガンテなど全6モデル

アクセスランキングをもっと見る

1