人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】ベテランハンターも驚きのサックリ討伐『モンスターハンタースマート』を遊んで感じたのは誰でも『MH』の世界を楽しめる可能性

カプコンが今秋配信予定の『モンスターハンタースマート』を試遊してきました。

モバイル・スマートフォン iPhone
『モンスターハンタースマート』
  • 『モンスターハンタースマート』
  • プレイアブルの場所はレウスが目印
  • クエスト3つに行くことができます
  • グラフィックがまずキレイ!
  • レイドボスのような本作だけのモンスターも登場
カプコンが今秋配信予定の『モンスターハンタースマート』を試遊してきました。

本作は片手でタッチの簡単操作で『モンスターハンター』ならではのアクションが楽しめることが目玉となっています。話には聞いているものの、実際にプレイをすると「私って、このゲームめちゃんこうまいのかも?」と錯覚するぐらい非常にカンタンにモンスターを討伐することができました。この感覚についてじっくりレポートしていきたいと思います。

まず手にとって感じるのはグラフィックのキレイさ。荒さを感じないクオリティの高い画質です。メニュー画面や配色のそれも『MH』おなじみのものになっているので『MH』シリーズをプレイしている人にとっては初めて遊んだような気がしないですね。

クエストは1回のプレイで3種類を遊ぶことができ、アオアシラ、リオレウスの討伐、そしてシークレットモンスターの討伐を順番に遊んでいくことになります。まずアオアシラで覚えたのは、移動、採集、攻撃がすべて片手のタップで出来るということ。移動はタップした場所へ追尾するような形で、行きたい方向にタップしていきます。採集ポイントを見つけたらそこをタッチするだけで採集を行うことができます。攻撃については、攻撃したい対象をタップするとそこまで移動するうえに攻撃まで1タップで行ってくれます。

アオアシラを無事タップのみでサックリ討伐することができました。クエストをクリアすると、入手した素材によって武器や防具の生産が一連の流れとして自動的に行われます。「ノーマル」や「レア」といった表記があるので、この生産はいわゆるガチャに近い(同じ)と感じました。狩猟のあっけなさに対する、ときめきの部分を生産で得られるのがいいですね。

装備はメニュー画面で変更ができ、『MH』シリーズのように自分の狩猟スタイルに合わせたスキルを装備の組み合わせによって発動させたり、モンスターによって武器の属性を変更していったり『MH』らしい攻略がそのまま本作にも受け継がれています。

次に向かったリオレウスの狩猟では、クエストに連れて行ける二人の狩友とコンボを重ねられることが判明。攻撃をするとスキルゲージがたまりタッチをすると「気合の一撃」など威力の高い攻撃を出すことができますが、自分も含め3人が溜まった状態で次々と発動していくとコンボ判定になります。ほかにも、「突撃モード」といってモンスターをターゲット中にキャラクターを連打することで通常より「強く」「早く」攻撃することが可能。こちらは回避やガードができなくなりスタミナ消費も激しいので使いどころに注意したいところ。コンボや突撃モードを使用して、体力も気にすることなくリオレウス討伐に成功しました。

シークレットモンスターでは、その攻撃力の高さから体力が危なくてやられるかもとヒヤヒヤしてしまいました。これは、クエストを重ねて防御を上げたり弱点属性を付いたり工夫すればもっと楽に討伐できるなとも思いました。タップ攻撃以外にも、攻撃をスワイプでよけるQTEのような要素もあり、これに成功すると部位破壊ができたりということもあるそうです。ヒヤヒヤといっても1クエスト自体は、ほとんどが3、4分で決着がつくとのことでした。

『MH』シリーズとは真逆にあるカンタンアクションになっていますが、『MH』が流行っていて気になるけどアクションと聞くと気がひけちゃう人や低年齢層の子供達が、『MH』シリーズをプレイしている人たちと同じ世界観やモンスター知識を共有できるキッカケとなるタイトルだなと感じました。あとは、『MH』でしっかり戦った息抜きに本作で俺ツエーをしてスッキリするのもいいですね!



iOS対応アプリ『モンスターハンタースマート』は基本無料のアイテム課金性で今秋に配信を予定しています。

(C) CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
《きゃんこ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』キングヘイローのハイクオリティMMDモデルが話題騒然!再現度高すぎなマヤノトップガン手掛けた職人の新作

    『ウマ娘』キングヘイローのハイクオリティMMDモデルが話題騒然!再現度高すぎなマヤノトップガン手掛けた職人の新作

  2. 『天華百剣 -斬-』8月16日15時をもってサービス終了―「本当に悔しくて悔しくて仕方がありません。」とプロデューサーがコメント

    『天華百剣 -斬-』8月16日15時をもってサービス終了―「本当に悔しくて悔しくて仕方がありません。」とプロデューサーがコメント

  3. 『FGO』アヴァロン・ル・フェPU2で登場するのは“あの2騎”? 宝具演出からバトルモーションまで、新サーヴァントの情報をまとめて紹介!【ネタバレ注意】

    『FGO』アヴァロン・ル・フェPU2で登場するのは“あの2騎”? 宝具演出からバトルモーションまで、新サーヴァントの情報をまとめて紹介!【ネタバレ注意】

  4. 『逆転裁判』のパロディ動画「ウマ娘裁判」が話題に!『ウマ娘』キャラクターたちが繰り広げる本格法廷ミステリー

  5. 『ウマ娘』ジェミニ杯開催は6月14日!タウラス杯からの変更点もあり―決勝ラウンド進出条件が緩和

  6. 『FGO』「虚数魔術」の入手がほぼ不可能に!? 新概念礼装の登場に合わせ、4種類の既存礼装が入れ替わり

  7. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  8. しらび氏が『ウマ娘』アグネスタキオンのイラストを投稿!「りゅうおうのおしごと!」などで知られる著名イラストレーター

  9. 『スーパーロボット大戦X-Ω』3月30日にサービス終了―同時にオフライン版アプリの存在が明らかに

  10. 『ウマ娘』サクラバクシンオー役・三澤紗千香さんの「いかにもバクシンらしいツイート」が話題沸騰!本当にバクシンボイスが聞こえてくる…

アクセスランキングをもっと見る