人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレポート】PSOシリーズをAndroidで楽しむ!『ファンタシースターオンライン2 es』クローズドβテストに参加

モバイル・スマートフォン Android

『ファンタシースターオンライン2 es』
  • 『ファンタシースターオンライン2 es』
  • 近距離での戦闘に真価を発揮するハンター。
  • ロビー。ここがすべてのスタート地点。
  • 装備画面。武器やチップの装備はココで。
  • クエスト受注画面。受注には行動力が必要。
  • クエストは、イベントマスを選ぶことで進めていきます。
  • バトルはフリックとタップで!
  • クエスト画面。ボスまでの距離が表示されています。
国産オンラインRPGタイトルとして歴史の長い『ファンタシースターオンライン』シリーズ。その最新作が「境界を越えるRPG」として発売されたPC/PS Vitaソフト『ファンタシースターオンライン2(以下、PSO2)』です。謳い文句通り、PC用ゲーム、家庭用ゲーム、ソーシャルゲームのユーザーすべてが『PSO2』で繋がることができます。

今回、クローズドβテストが行われた『ファンタシースターオンライン2 es(以下、PSO2es)』では、その『PSO2』の世界がスマートフォンでも遊べるようになっています。ゲーム自体はスマートフォン向けに一人用ゲームとしてシンプルにアレンジされていますが、タイトルの「es」にこめられた「エッセンス」という言葉が示すように、『PSO2』のゲームのエッセンスが凝縮してこめられたタイトルとなっています。

しかしながら、私は『PSO2』未プレイ。過去作も、触ったことがありません。「これから『PSO2』色に染めてね!」という初々しい状態です。そんなわけで、最初に、このようなまっさらな状態で『PSO2es』クローズドβテストに参加したことをお伝えしておきます。

■メインはクエストです
『PSO2es』を含め、『PSO2』の舞台は宇宙です。プレイヤーの役目は、調査隊「アークス」の一員となり、外宇宙で新たに発見された惑星の調査をすること。プレイヤーはクエスト(惑星の調査)を受注して、未知の惑星を冒険することになります。

クローズドβテストでプレイできたのは、「クエスト」「装備」「ショップ」の3つ。これはもう、「クエスト」を選んで、惑星の調査をするしかありません。

■クエストでの戦闘方法は?
今すぐやるよ!さあ、行くよ! とばかりに、クエストに向かいます。 ロビーで「クエスト」を選び、エリアを選択してクエストを受注。操作は、タップするだけ。ラクラクです。

ちなみに、クローズドβテストで選べるクラスは、近距離での戦闘に真価を発揮する「ハンター」、射撃武器による攻撃がメインで中間距離での戦闘を得意とする「レンジャー」、多彩なテクニックを扱う遠距離戦闘向きの「フォース」の3クラス。私が最初に選んだのは、「ハンター」です。未知の惑星の敵を、バッタバッタと斬り伏せてやりますよ!

さて、クエストを受注したら、惑星探索へレッツゴーです。クエストは、画面右にある「イベントマス」というマスを、タップで選びながら進みます。そして、敵のいるマスに止まったら、アクションゲームに早変わり。マスには種類があり、色の付いたマスに止まると、攻撃力アップなどキャラクターを強化する「PSE」が発生。同じ色の「PSE」を連続で発生させると、効果が強化されます。さらに、止まったマスによっては、アイテムを入手できることも。

いくつかのマスから、1つのマスを選ぶというシーンもあり、選んだマスによっては敵ばかり登場することもあります。サイコロは振りませんが、スゴロク風なイメージ。ゴールは、もちろんボスです。ボスまでの距離は、しっかり表示されているので、スゴロクのようにそろそろゴールだな、とわかります。ゲームでも、リアルでも方向音痴な私にとって、スゴロク風に進んで行くクエストは、迷うことがないのでありがたかったです。楽に移動できるので、スマホ向きですね。

■バトルも操作は簡単
敵との戦闘は、フリックとタップのみで行います。移動はフリック。前後左右に動けます。画面をタップすれば、ターゲットにしている敵を自動で攻撃。『PSO2es』は、フレンドのキャラクターと一緒に冒険できますが、ソロで遊ぶゲームです。と言うわけで、フレンドのキャラクターはサポート役。「フレンドアシスト」というアイコンをタップしたときに、現れて敵を攻撃してくれるのみです。敵とは、己の力で戦うことになります。

しかし、己の力のみで戦うことは、そう難しいことではありません。実際に敵と戦ってみると、シンプルな操作のおかげで、迷うことなくバトルすることができました。フリックだけでサッと攻撃を避けてくれ、タップで敵に向かって突進してくれるので、ズバズバ敵を斬り倒せます。アクションゲームが苦手でも問題ナシです。「フレンドアシスト」を使えば、ドドーンとキャラクターが大きく表示されて、派手な攻撃を見せてくれます。

ただ、敵がたくさん出てくるマスで、素早く移動や攻撃をしようとしても、思ったようにキャラクターが動かないことがあります。また、バックステップする敵と近接武器で戦うと、たびたびスカっと気持ち良く空振りすることに。好みの問題ですが、バーチャルパッドの方が操作しやすいと感じる方もいるかもしれません。

「レンジャー」と「フォース」も使ってみましたが、エイムが非常に簡単です。攻撃したい敵を選んでタップすれば、しっかり敵に向かって銃やら魔法やらを撃ってくれます。ただ、敵は動き回っているので、のんびりしていると敵に当たらないこともあります。

■チップで戦闘をサポート
武器とあわせて、バトル中に使用できるチップを装備することができます。チップの種類は、CPをためて効果を発動させる「アクティブ」と、装備するだけでバトル中に特定のタイミングに効果が発動する「サポート」の2種類。ガードをしたり、テクニックを出すためにはチップが必要になります。「アクティブチップ」は、CPをためて、バトル中に画面下部をタッチすると発動します。

今回、HPを回復する「アクティブチップ」をメインに使ってみましたが、なかなか使い勝手が良かったです。タップするだけでHPが回復するので、慌てる必要ナシ。CPもすぐにたまるので、思う存分使えました。

■『PSO2es』単体でも大丈夫!
本来ならば、クローズドβテストに参加できるのは、「『PSO2』を現在プレイしている」「対象スマートフォンを所持している」という2つの条件を満たしている方のみです。私のように、『PSO2』未プレイのまっさらさらさら真っ白けな状態ではプレイできないのですが、今回はメディア用のアカウントでプレイさせていただきました。

そんな『PSO2』よちよち歩き状態の私が『PSO2es』をプレイして感じたことは、「『PSO2』をまったく知らない人がプレイしても問題ナシ!」ということ。プレイデータは『PSO2』と連動していますが、『PSO2es』単体でも楽しめるようなシステムになっていました。PCやPS Vitaを持っていないので『PSO2』をプレイできなかったという方や、シリーズに興味があったけれどプレイしたことはなかったという方は、オープンβや正式なリリースを待ちましょう。スマホで新しい『PSO2』を体験できます。

(c)SEGA
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 「銀魂」が「パズドラ」と初コラボ実施ィィ!! 杉田智和オリジナルボイスも

    「銀魂」が「パズドラ」と初コラボ実施ィィ!! 杉田智和オリジナルボイスも

  2. 『FGO』水着BBなどが登場する「サバ★フェスピックアップ3召喚(日替り)」が開催!新霊衣や特殊バトルも登場

    『FGO』水着BBなどが登場する「サバ★フェスピックアップ3召喚(日替り)」が開催!新霊衣や特殊バトルも登場

  3. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  4. 『#コンパスライブアリーナ』大阪公演が大盛況!女性に支持される強みは、映像と楽曲、さらにコスプレイヤー!?

  5. 『FGO』スキル無しでも“いろんな意味で”相手を魅了しそうなサーヴァント6選!・・・漢ってのは裸エプロンの虜なんですよ【特集】

  6. 『アズールレーン』軽空母「セントー」が公開―イラストは『シャイニング』シリーズのTony先生!

  7. 『バンドリ!』×「初音ミク」コラボ開催日が8月24日に決定!コラボジャケットイラスト&CMも公開

  8. 『ぷよクエ』×「エヴァンゲリオン」コラボに“零号機”登場!描き下ろしイラストを独占先行公開

  9. 『ポケモンGO』幻のポケモン「セレビィ」がスペシャルリサーチに登場!8月21日早朝より開始予定

  10. 超巨大マルチバトルRPG『リネレボ』一周年記念リアルイベント開催決定!1年間の軌跡と魅力をお届け

アクセスランキングをもっと見る