人生にゲームをプラスするメディア

坂本龍馬は、斎藤一だった ─ 『龍が如く 維新!』大胆な発想と様々な新情報を公開

セガは、『龍が如く 維新!』の最新情報を公開しました。

その他 フォトレポート
『龍が如く 維新!』新情報公開
  • 『龍が如く 維新!』新情報公開
  • 土佐でも最も身分の低い「郷士」の生まれ
  • 剣の腕は土佐でも随一
  • 坂本龍馬 立ち絵
  • 坂本龍馬 の名を捨て、斎藤一として復讐に生きる
  • 全ては、吉田東洋の殺害犯を追うため
  • 新選組へと足を踏み入れることに
  • 斎藤一 立ち絵
セガは、『龍が如く 維新!』の最新情報を公開しました。

衝撃的なキャッチコピー「伝説の男と100億の少女」と共に、極道の世界を真っ正面から描き、その斬新な切り口と爽快なアクション性が好評を博した『龍が如く』は、全世界累計600万を突破した人気アクションアドベンチャーです。

「堂島の龍」こと桐生一馬が主人公を務める本シリーズ(複数主人公の作品もあり)の他に、外伝的なクロヒョウシリーズ、ゾンビと戦うIFストーリー的な『龍が如く OF THE END』など、多彩な展開を見せているのも特徴のひとつ。

そんな『龍が如く』シリーズの、新たなスピンオフタイトルとなる『龍が如く 維新!』。幕末を舞台にした熱い男達の戦いと奔走が、時代を超えて描かれる本作は、まだ公開さればかりということもあり、これまでキャラクター情報の一部が公開されているのみでした。しかしこのたび、プロローグを始め数々の新情報が明かされたので、紹介させていただきます。

■プロローグ・龍馬、土佐に帰る
目の前に広がる大海原……。
江戸での剣術修行を終え航路で土佐へと戻る途中、船首に独り立ちながら、坂本龍馬は考えていた。

「攘夷」や「佐幕」といった言葉が吹き乱れ、時代が変わろうとしている中、自分は何をすべきなのか? 答えは見つからないままだった……。

四国の大藩・土佐。階級という名の「身分の壁」が存在する時代遅れの土地は、下級武士として生きる龍馬ら「郷士」を苦しめ続けてきた。

「身分は人の命より重い」という不条理な道理がまかり通る世の中。帰郷早々、そんな旧態依然とした土佐の現状を目の当たりにした龍馬は、上級武士に楯突き、獄へと入れられてしまう……。

「このまま俺は一生を終えるのか……」そう覚悟を決めたとき、ひとりの男が姿を現す。それは土佐でもっとも規律に厳しいと言われる参政・吉田東洋だった……。

龍馬には密かに慕う恩師がいた。藩の要職に就きながら、極秘裏に藩の犠牲になり命を失った者たちの世話をする男。それが吉田東洋の真の顔だった。東洋との再会を果たした龍馬は、同じ境遇を持つ兄弟分、武市半平太に会うよう告げられる。

「機は熟した……」

そう語る東洋の真の狙い。それは土佐の苛烈な階級社会の崩壊を目的とした一大クーデターだった……。



■プロローグ・政変の夜
土佐勤王党。「尊王攘夷」を掲げ、時代を憂う若き下級武士によって結党された一大勢力。その頂点に立つ男が、武市半平太という男だった。

幼きころ、土佐藩の身分制度のせいで親兄弟を失い、吉田東洋に育てられた青年は、頭脳胆力に秀で、土佐の若者の憧れの存在となっていた。その武市が結党した思想集団、それが土佐勤王党の表向きの姿だった……。

訓練用のピストルの音が高らかに響き渡り活気に満ちた勤王党本部。武市は龍馬との再会を喜ぶと、龍馬を勤王党の筆頭として迎えると宣言する。武市は、吉田東洋のもとで共に育った龍馬の力を誰よりも信頼し、その帰りを待っていたのだった。

しかし龍馬の表情は浮かない。自分には武市のような高い志がないという後ろめたさ。だがそれだけが理由ではなかった。

武市の背中にいまも残る大きな火傷跡……。それは幼きころ、家を焼かれた龍馬を武市が助け出した時に負ったものだった。その傷を見るたび、過去のことを思い出してしまう自分に、自信が持てなかったのだ。

迷う龍馬に武市は必死に土佐の未来を語る。二度と自分たちのような人間を作り出さないためにも、いま、闘う必要があると説く武市。龍馬は東洋と武市の言葉を信じ、土佐藩崩壊の計画に参加するのだった……。



■プロローグ・斎藤一という男
土佐の政変から一年後……京、伏見の大宿“寺田屋”の一室で、昼になっても起きてこないぐうたらな男。

浪人、斎藤一。

その日も斎藤は、寺田屋の女将・お登勢、女中のおりょうに無理矢理起こされると、博打を打ちにでかけるのだった……。

数刻後、斎藤にひっそりと近づくひとりの男。男は耳打ちするように言う。

「今日も博打打つふりして犯人探しの道場巡りですか?」

表情を豹変させる斎藤。相手を射殺すような目で見ると、ボソッと呟く。

「親っさんを殺した男、あの剣を使う男は何処にいるんだ……」

斎藤一、その真の名は坂本龍馬。名を変え素姓を隠し、京に潜伏する男が追うは、一年前土佐で起こった政変の夜、父と慕う恩師を目の前で斬り殺した謎の剣士……。

土佐を愛し、土佐に裏切られ、土佐を捨てた坂本龍馬の、命を懸けた復讐の闘い。

龍馬は決意する。京で最も強い剣豪が集まるといわれる、もっとも危険な場所に飛び込むことを……。

街に血の雨を降らす最強の人斬り集団「新選組」。坂本龍馬の名を捨てた、斎藤一という男の新たな人生が、始まろうとしていた。


三編に別れたプロローグ。これは、時代の流れを追う形でそれぞれの物語が描られるような構成になることを意味しているのでしょうか。まだまだ謎が多い本作ですが、坂本龍馬と斎藤一の役名がそれぞれ「桐生一馬」となっていた疑問は、このたびの公開で解消されました。本作では、坂本龍馬がその身を隠し、斎藤一を名乗っているようです。

そんな坂本龍馬及び斎藤一の詳細や、彼が活躍する舞台となる「土佐」や「京」の状況が、併せて公開されました。

■主人公紹介
●坂本龍馬 ─ 成すべき事を求めあがく土佐の「龍」
土佐でも最も身分の低い「郷士」の生まれ。武市半平太ら同じ郷士の若者たちが藩を変えるべく奔走する中、自分のなすべき事を見出せず苦悩している。だがその剣の腕は土佐でも随一で、江戸での剣術修行を許されるほど。

その剣の腕を見込まれ吉田東洋、武市とともに、藩の改革に向けて動き出すことになるが、全ての準備が整った革命前夜にある事件が起き、龍馬の人生は大きく動き始める。

●斎藤一 ─ すべてが謎に包まれた壬生の「狼」
出生の全てが不明で、本名すら定かではない謎の浪人。酒と博打に明け暮れる世捨て人のような暮らし振りで定宿「寺田屋」の女中からはいつも嫌味を言われている。

しかしその正体は吉田東洋の殺害犯を追うために名を捨て、京に潜伏している坂本龍馬その人である。

一年に渡る執念の調査の結果、全ての謎が新選組にあると察した龍馬は、独り血に飢えた狼の群れに足を踏み入れるのだった。


■南の大藩と日本の中枢。二つの舞台を巡り龍馬の物語は動き始める。
●土佐 ─ 龍馬が生まれ育ち、「身分」という呪縛に捕われた因縁の地
「南海道随一の名城」と名高い高知城を背後に頂く、日本でも屈指の城下町。素朴ながらも町は活気に満ち、人々の往来が絶えない。しかし、その一方で人々は厳格な身分制度に縛られ、「上士」の陰に怯えて暮らす側面も持つ。

陰と陽が混じり合う地……それが土佐であり、龍馬という人間性にも多大な影響を与えることになる。

●京 ─ 激動する時代の中心地にして、稀代の大人物が集結する最重要都市
帝の住む「御所」をはじめ、この国の重要拠点が数多く存在する日本の中枢。そのため、この街の覇者になることが今後の日本の主導権を握ることと同義であり、剣の腕に覚えのある者、卓抜した思考を持つ者など様々な人材が全国から綺羅星の如く集結し、己の野望を実現すべく暗躍している。


大海原の先に時代の変革を感じた龍馬が、復讐を誓いその名を捨てる物語。彼の行き着く先に、「夜明け」はあるのでしょうか。今は、彼にまつわる新たな情報の公開を待ちましょう。

『龍が如く 維新!』は、対応機種、発売日、価格いずれも未定です。

(C) SEGA
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. Game.TVでVTuberとバトロワ!インサイドちゃん主催の視聴者参加型『PUBG Mobile』大会が10月27日に開催

    Game.TVでVTuberとバトロワ!インサイドちゃん主催の視聴者参加型『PUBG Mobile』大会が10月27日に開催

  2. 『ポケカ』よもやま─「プレイヤー兼イラストレーターから見える景色ってどんな感じ?」【インタビュー】

    『ポケカ』よもやま─「プレイヤー兼イラストレーターから見える景色ってどんな感じ?」【インタビュー】

  3. 韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」開幕

  4. 『トワイライトプリンセス HD』サントラ7月27日発売…CD3枚組で全108曲を収録

  5. 「格ゲーは人類史に残る、非言語コミュニケーションである」─『ゲーミングうちゅうじん』原作者インタビュー、“好き”を“リアル”へ繋げる情熱の裏側

  6. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  7. MAEGS.が発表した新企画『STEINS;○○』とは!? 発売時期が決定した『アノニマス・コード』のアニメ化は?―事業発表会の新情報をお届け

  8. 「ゆるキャン△」続編決定! 第2期&ショートアニメ&劇場版が一挙発表

アクセスランキングをもっと見る