人生にゲームをプラスするメディア

どこかで見たようなコントローラーがKickstarterに登場 ― PCやゲーム機でoff-TVプレイが可能に

Wii U GamePadにそっくりなコントローラーが、製品化を目指してKickstarterで資金を募っています。

ゲームビジネス その他
PC版『Crysis 2』(左)とOUYAでの『ファイナルファンタジーIII 』(右)
  • PC版『Crysis 2』(左)とOUYAでの『ファイナルファンタジーIII 』(右)
  • PC、OUYA、Retro Emulatorでのテストの様子
  • Cross Plane
Wii U GamePadにそっくりなコントローラーが、製品化を目指してKickstarterで資金を募っています。

このコントローラーの名称は「Cross Plane」。Xbox 360、PS3、PC、OUYAへの対応を約束しています。見かけはWii U GamePadによく似ていますが、機能としてはコントローラーとワイアレスモニターを合体させた製品で、家庭用ゲーム機とPCのためにデザインされていることから、タッチスクリーンには対応していません。

つまり、Wii Uのoff-TVプレイをほかのデバイスでも実現してしまおうというコンセプトで作られたコントローラーというわけです。

ボタンレイアウトはコンソールゲーマーが使い慣れている配置に考慮されており、また持ったときに違和感を感じないよう、3Dプリンターを使って何度もテストを重ねたと製作者はコメントしています。

目標金額35万ドルのうち、現在は6300ドルほどが集まっているこの製品。実際に商品を手にすることができるバッカーは349ドルからとなっており、やはりモニターがある分普通のコントローラーよりも割高になってしまうようです。

たしかにoff-TVプレイの便利さに慣れてしまうとWii U以外のハードでも試してみたくなる気持ちはわかります。特にPCゲームを長時間プレイするときなどは、ソファで使ってみたくなるかもしれません。なお、実際にPC版『Crysis 3』にて、問題なくプレイできることが確認されています。

《菜種》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

    「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  3. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  4. 【週間売上ランキング】『スマブラX』の初週は82万本!(1/28-2/3)

  5. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  6. 秋葉原の洋ゲーショップ「ゲームハリウッド」2月24日で閉店

  7. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  8. DMMの動画・電子書籍にペイパル決済が導入―期間中ペイパルで支払うと10%のポイントバック

  9. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  10. 【GDC 2009】ディズニーランドに学ぶゲームデザイン

アクセスランキングをもっと見る