人生にゲームをプラスするメディア

テーマ曲はSLIPKNOTの『Sulfur』!国内外のアーティストが参加したソーシャルバトルゲーム『レギオンウォー』プレイインプレッション

その他 フォトレポート

テーマ曲はSLIPKNOTの『Sulfur』!国内外のアーティストが参加したソーシャルバトルゲーム『レギオンウォー』プレイインプレッション
  • テーマ曲はSLIPKNOTの『Sulfur』!国内外のアーティストが参加したソーシャルバトルゲーム『レギオンウォー』プレイインプレッション
  • テーマ曲はSLIPKNOTの『Sulfur』!国内外のアーティストが参加したソーシャルバトルゲーム『レギオンウォー』プレイインプレッション
  • テーマ曲はSLIPKNOTの『Sulfur』!国内外のアーティストが参加したソーシャルバトルゲーム『レギオンウォー』プレイインプレッション
  • テーマ曲はSLIPKNOTの『Sulfur』!国内外のアーティストが参加したソーシャルバトルゲーム『レギオンウォー』プレイインプレッション
  • テーマ曲はSLIPKNOTの『Sulfur』!国内外のアーティストが参加したソーシャルバトルゲーム『レギオンウォー』プレイインプレッション
  • テーマ曲はSLIPKNOTの『Sulfur』!国内外のアーティストが参加したソーシャルバトルゲーム『レギオンウォー』プレイインプレッション
  • テーマ曲はSLIPKNOTの『Sulfur』!国内外のアーティストが参加したソーシャルバトルゲーム『レギオンウォー』プレイインプレッション
  • テーマ曲はSLIPKNOTの『Sulfur』!国内外のアーティストが参加したソーシャルバトルゲーム『レギオンウォー』プレイインプレッション


エイチーム(Ateam)から8月8日にiOS版の配信が開始された、全世界リアルタイムギルド対戦RPG『レギオンウォー(LEGION WAR)』。

エイチームといえば『ダークサマナー』や『ダークラビリンス』など、本格的なダークファンタジーの世界観を持つソーシャルゲームの開発で知られるメーカーですが、本作もカードイラストに海外アーティストが多数起用されるなど、正統派ファンタジーの世界観に対するこだわりが感じられる作品となっています。この記事では、その導入部から序盤にかけてのプレイインプレッションをお届けします。

メヴィオンの大地を舞台に、覇権を巡る2つの陣営による戦いが描かれる


こちらのコンセプトアートからも伝わる通り、『レギオンウォー』の世界観は正統派ファンタジーのテイスト溢れる内容。モンスターを従える力を持つ人々が住まう「メヴィオンの大地」を舞台に、大陸の覇権を巡る2つの陣営による戦いが描かれます。



ゲームを開始して最初に行うのが、プレイヤーが所属する陣営の選択。秩序による平定を目指す「オーダー」、そして破壊による革命を狙う「ケイオス」の、敵対する2陣営から気に入った方を選びましょう。とりあえずフィーリングで決めてしまっても大丈夫です。

国内外のアーティストによって描かれる、500種類以上のファンタジックなカード


所属する陣営を選択すると、いきなり大量のカードを獲得。まずは、このカードたちがプレイヤーパーティの基礎になります。ゲームにはナイト、ドラゴン、エルフ、ウィザード、ゴーレムなど、国内外のアーティストによって描かれる500種類以上のカードが登場。カードイラストや世界観についても非常に強いこだわりを感じる作品となっています。実際に遊んでみると、それを実感することができるはずです。



タップで敵を討伐! 2D横スクロールアクションのミッションバトル
続いて、ゲームの基本である「ミッション」に進撃です。ミッションはストーリー仕立てになっていて、クリアするごとにメヴィオン大陸の覇権を巡る物語が展開されていきます。また、リワードとして「APポーション」といったアイテムや「GOLD」が獲得できるのも見逃せないポイント。『ダークサマナー』と同様に、本作もインターフェースはとても分かりやすく、「開始」や「GO」などのボタンをタップするだけで快適にミッションを進めることができます。



ミッションのバトルは、2D横スクロールのアクションゲームのような画面構成でプレイが進行。プレイヤーのキャラクターは、リーダーカードの設定に応じて様々なモンスターに変化します。



敵モンスターが現れたときにタイミング良く「GO」ボタンをタップすれば、敵に強力な攻撃をすることが可能。攻撃すれば「EXP」や「GOLD」を稼いだり、新たなカードを獲得できたりすることもあります。このバトルパートのアクションは爽快な作りで、個人的にちょっと好みです。

パーティの総力戦! 巨大な幻獣とのカードバトル


ミッションごとのボスバトルでは、巨大な幻獣とのカードバトルが始まります。こちらはパーティのカードが全て登場する総力戦で、コンボが発動したり派手なカードバトルが展開されたりします。バトルにはしっかりとパーティを強化して、望みたいところ。

画像9幻獣のモンスターデザインもかなり正統派ファンタジーのテイストで、作品の雰囲気は海外産のMMORPGやTCGに近い印象で、日本のみならず海外でも広く受け入れられるのではないかとも感じました。

パーティ編成は、ウォリアーカードとモンスターカードのダブルデッキシステム


また、カードゲームの醍醐味として忘れてはいけないのがパーティ編成。新しく入手したり、強化したカードを入れ替えたりすることで戦力をアップさせましょう。

本作の特徴的なシステムとして「ダブルデッキシステム」というものがあり、メヴィオンの住人たちの「ウォリアーカード」と、それに従うモンスターの「モンスターカード」をペアにしてパーティを編成します。「ウォリアーカード」と「モンスターカード」の相性によって能力が変化するなど、パーティの組み合わせが攻略の鍵になります。

海外ファンタジーテイストの世界観を持つソーシャルバトルゲーム
『レギオンウォー』。ゲームシステムは全体的にシンプル操作&サクサク動作で、個人的には2D横スクロールアクションゲームライクのミッションバトルがお気に入りです。また、パーティ編成やカード強化のシステムも分かりやすく、誰でもプレイを開始してすぐに楽しめるのではないでしょうか。

本作の売りである「リアルタイムギルドバトル」のサーバが全世界共通というのも、嬉しいポイント。さらにゲームのテーマ曲にはメタル・モンスター「Slipknot」の楽曲『Sulfur』が使用されるなど、ソーシャルバトルゲームながら国内の枠にとどまらない作品性も魅力のひとつだと思います。



『レギオンウォー』は、App Storeで好評配信中。価格は、基本プレイ無料のアイテム課金制です。Google Playでも、今秋配信予定です。

(C) Ateam Inc.
《ロココ試作型》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!

    【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!

  2. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

    【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』11月24日のアプデ内容が公開、『シノビリフレ』配信日決定、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』キャンプ場のテーマはどれを選んだ?…など(11/22)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』11月24日のアプデ内容が公開、『シノビリフレ』配信日決定、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』キャンプ場のテーマはどれを選んだ?…など(11/22)

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case04「宇宙の労働者:前編」

  6. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  7. 【特集】あの安室奈美恵だって出てたんだぜ…青春を捧げたセガハードが集結ー忘れられない“伝説”を、もう一度!

  8. 【特集】コスパ高すぎ!『ワンコインでやりこめるSteamゲーム』10選

  9. にじよめちゃん、ゲーム大会にプロゲーマーを「代打ち」派遣─“大人げない”戦いが本日幕開け!

  10. 【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選!まるで映画

アクセスランキングをもっと見る