人生にゲームをプラスするメディア

CC2から独立した渡辺氏率いる「2Dファンタジスタ」 ― Facebookページにて開発中の画像を公開

その他 全般

2Dファンタジスタ公式サイト
  • 2Dファンタジスタ公式サイト
元サイバーコネクトツーの渡辺雅央氏が独立して2Dファンタジスタを立ち上げたことを今年の4月にお伝えしましたが、2DファンタジスタのFacebookページにて現在制作中のゲームの画像が公開されています。

そのゲームは『タップ泥棒』と呼ばれており、こちらはまだ正式名称ではないとのこと。全25ステージで構成されている本作は、家主を起こす事無く、宝箱までたどりつきお宝を手に入れるとクリアとなるゲームのようです。同Facebookページには、その他にも日々の開発の記録が公開されており、渡部氏は自身のFacebookにて以下のように明かしています。

私たちはFacebookファンページに書き込む際のポリシーとして、
・ゲーム制作に関連する事だけを書く
・平均して毎週更新と言える頻度で報告
と定めています。
前にも同じような事を書きましたがもう一度。

キックスターターなどのクラウドファンディングでお金を集めているインディーデベロッパーがお金を出してくれた人たちに定期的にプロジェクト進捗報告を行っているのを見てそう考えるようになりました。

私はキックスターターは考えていませんが考えている人のヒントになれば幸いです。
2013/8/2 渡辺 雅央氏 Facebookより


さらに2Dファンタジスタは、TGS2013インディーブースへ申し込みをしており、『タップ泥棒』を始め渡辺氏と2Dファンタジスタの作品に触れられる日もそう遠くはないかもしれませんね。なお、より詳しい情報は2DファンタジスタのFacebookページをご覧ください。

(C) 2013 by 2D fantasista. All rights reserved.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  3. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  4. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

  5. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case08「対立」

  8. USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

  9. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

アクセスランキングをもっと見る