人生にゲームをプラスするメディア

10代の「デート暴力」問題をテーマにしたゲームコンペの結果発表

その他 全般

見事栄冠に輝いた『Love in the Dumpster』
  • 見事栄冠に輝いた『Love in the Dumpster』
  • 特別賞の『What Kind of Monster is your Boyfriend?』
アメリカのNPO(非営利組織)、Jennifer Ann's Groupが主催するゲーム制作コンペティション「Life. Love. Game Design Challenge」の結果が先頃発表されました。

今回で6年連続6回目となる「Life. Love. Game Design Challenge」は、現在深刻な社会問題となっている青少年カップルのデート暴力(dating violence)の認知を高める目的で行われ、2011年に大賞を受賞したブラウザゲーム「Finding Jane」はゲーマーの間でも好評を博し、この問題を広く世に知らしめる役割と共にインディーズゲームとしての出来栄えも高く評価されています。

そして今回の2013年度「Life. Love. Game Design Challenge」の栄冠に輝いたのは、ベルギーのJean Hehn氏が手がけた『Love in the Dumpster』。第2位にはタイのGuts Rodsavas氏とPiti Yindee氏による『Janie's Sketchbook』。続く第3位にアイルランドのPaul McGee氏、Sam Gross氏、Lyndsey Moulds氏、Ross McWilliam氏、Kayfaraday氏の共同制作による『YourSpace』となっています。また、今回特別に賞を与えられた2ヶ国語対応のゲーム、『What Kind of Monster is your Boyfriend?』(アルゼンチン、99Uno氏制作)も審査員の注目を集めて表彰されました。

「この問題に対して、多くの才能あるゲームクリエイターに参加して頂き、その素晴らしい創造力を共有できたことはとても光栄なことです」と、同賞のオーガナイザー、Drew Crecente氏は述べています。特に今回は世界4つの大陸を跨く9ヵ国からの応募があり、同賞が国際性を帯びてきたことを強調しています。

受賞作の一般公開はもうすぐネット上で行われるということで、いったいどんなゲームなのか今から楽しみに待ちたいと思います。もちろんこれらの受賞作を通じて、この社会問題を改めて認識することが求められているのは言うまでもありませんね。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

    【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

  2. “ねんどろいど”の顔を自分好みにチョイス! 新サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」開始

    “ねんどろいど”の顔を自分好みにチョイス! 新サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」開始

  3. イベント「POKEMON×ISETAN」を伊勢丹新宿店にて開催! 8月2日よりカフェラウンジの予約受付を開始

    イベント「POKEMON×ISETAN」を伊勢丹新宿店にて開催! 8月2日よりカフェラウンジの予約受付を開始

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. ステージに向かう「渋谷 凛」の新作フィギュアが登場―白と青を基調にしたフリルドレスのクオリティが高すぎる…!

  6. フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

  7. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』「サーモンラン」を生き残る労働術、『ポケモンGO』一部伝説ポケモンは期間限定に、『マリオカート8 DX』354万本『ARMS』118万本を販売…など(7/26)

  8. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  9. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』脱初心者の8箇条、『アイドル事変』サービス終了、『ウルトラストII』隠しコマンドで真豪鬼が…など(7/24)

  10. 愛知教育大学、今年は「化物語(上)」を教科書に…テクスト分析の方法を習得することが目的

アクセスランキングをもっと見る