人生にゲームをプラスするメディア

参戦キャラを一挙に7人公開!『超ヒロイン戦記』 ─ 登場するヒロインは累計20人に

バンダイナムコゲームスは、PS3/PS Vitaソフト『超ヒロイン戦記』の公式サイトを更新し、新たに参戦が決定した7人のキャラを公開しました。

ソニー PS3
『超ヒロイン戦記』公式サイトショット
  • 『超ヒロイン戦記』公式サイトショット
  • 『超ヒロイン戦記』ロゴ
バンダイナムコゲームスは、PS3/PS Vitaソフト『超ヒロイン戦記』の公式サイトを更新し、新たに参戦が決定した7人のキャラを公開しました。

『超ヒロイン戦記』は、世間から真の姿を隠して日常へ溶け込んでいたヒロインたちが、世界の危機を察知し、作品の垣根を越えて結集するシミュレーションRPGです。10の異なる作品からヒロインが集い、本来出会うはずのなかった彼女たちが夢の共演を果たします。

これまでは、各作品から1人ずつ(ツインエンジェルのみ2人)の参加しか確定していませんでしたが、今回の発表で参戦キャラが一気に増えたため、オリジナルを含め現在20人ものヒロインが登場することになります。ちなみに、オリジナル枠で1人だけ男性が混じっているので、総計は21人です。

一大ブームを巻き起こした「Di Gi Charat」からは、小さくて愛らしい「プチ・キャラット(CV:沢城みゆきさん)」が参戦します。でじこほどビームの扱いが上手くありませんが、そこは努力と魅力でカバーです。

天敵ノイズと戦う「戦姫絶唱 シンフォギア」から、「風鳴翼(CV:水樹奈々さん)」が登場。ツインボーカルユニット「ツヴァイウィング」のひとりであり、戦闘技術のエキスパート。任務に真剣だが融通が利かず、他人に厳しくあたることもありますが、反面寂しがり屋でもあります。立花響との絡みが今から楽しみですね。

血生臭さでは他の追従を許さない「ひぐらしのなく頃に」。レナの参戦だけでも意外な印象でしたが、更に「園崎魅音(CV:雪野五月さん)」もやってきます。テンションが高くノリもよく、その上姉御肌なため、周りから慕われている彼女ですが、勝利のためなら手段を選ばない剛胆さも持ち合わせています。その意味では、本作向けとも言えます。

過激すぎる高校生、2人目の参戦となる「緋弾のアリア」の「星伽白雪(CV:高橋美佳子さん)」。超能力捜査研究科に所属している、頭脳明晰スタイル抜群、料理も上手でおしとやかと、天から二物どころではないものを与えられているヒロイン。しかし、ある条件により、行動が攻撃的になることもあるとか・・・?

女性優位な世界「インフィニット・ストラトス」からは、強さ溢れる「セシリア・オルコット(CV:ゆかなさん)」が見参します。イギリス代表の候補生で、名家の出身。そのためプライドが高く威圧的に見える時もありますが、好かれたい一心で無理な背伸びをするなど年相応の一面も。

「ゼロの使い魔F」から訪れる異邦人、「ティファニア(CV:能登麻美子さん)」。村でひっそりと暮らしていたハーフエルフで、世間のことに疎い天然少女。スレンダーな体躯に反して胸はかなり大きく、そこに注目されやすいのですが、彼女の資質は外見だけでなく、忘却の魔法を使える才に恵まれ、虚無の担い手の1人となります。

奪われた宝物を取り返す目的を持つ「快盗天使 ツインエンジェル」の新たなメンバーとなった「ホワイトエンジェル」こと「葉月クルミ(CV:釘宮理恵さん)」が、本作にも登場です。イタリアからやってきた天才はまだ若干11歳の少女で、生意気なところもありますが、年齢相応の可愛い子です。

なお余談になりますが、ホワイトエンジェルの参戦決定で、釘宮さんが本作で4役を担当することが判明しました。現在までの登場キャラ21人中の4人を演じるため、単純計算では実に1/5近くを担うことになります。しかも、どのキャラも「ヒロイン」というポジション。これまで数々の作品に参加された釘宮さんにとっても、珍しい体験となるでしょう。

参戦キャラクターを一挙に7人も明かし、待ち望むユーザーに嬉しいサプライズとなった『超ヒロイン戦記』。今後も続くであろう新情報が、どんな驚きを与えてくれるのか、今から楽しみでなりません。

『超ヒロイン戦記』は、発売日・価格ともに未定です。

(C)Sammy
(C)東映アニメーション/京騒戯画プロジェクト
(C)BROCCOLI
(C)Project シンフォギア
(C)2006-2013 Nitroplus
(C)2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通
(C)2011 赤松中学・メディアファクトリー/東京武偵高校
(C)2011 Izuru Yumizuru,MEDIA FACTORY/Project IS
(C)2012 ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔F製作委員会
(C)2013 SEIJI OKUDA All Rights Reserved
(C)2013 NBGI
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』ストーリーモードで「鬼龍院 皐月」のオリジナル新衣装「純潔神髄」が登場!

    『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』ストーリーモードで「鬼龍院 皐月」のオリジナル新衣装「純潔神髄」が登場!

  2. 5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

    5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

  3. 『デビルメイクライ 5』ダンテと一緒に悪魔と踊ろう-元祖スタイリッシュアクションを動画でチェック!

    『デビルメイクライ 5』ダンテと一緒に悪魔と踊ろう-元祖スタイリッシュアクションを動画でチェック!

  4. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  5. 『JUDGE EYES:死神の遺言』MCU氏が3DCGのキャラクターとして出演決定!主人公の八神とバトルになることも…

  6. 「キムタクを動かせる」想像できない未来を実現した『JUDGE EYES』―名越総合監督と細川Pに訊く【TGS2018】

  7. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  8. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  9. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  10. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る