人生にゲームをプラスするメディア

『モンスターハンター フロンティアG2』、「双つの眼」のモンスターついに解禁

マイクロソフト Xbox360

ロロ・ゴウガルフ、レイ・ゴウガルフ
  • ロロ・ゴウガルフ、レイ・ゴウガルフ
  • シャンティエン
  • 『モンスターハンター フロンティアG2』、「双つの眼」のモンスターついに解禁
  • 『モンスターハンター フロンティアG2』、「双つの眼」のモンスターついに解禁
カプコンは、Xbox 360/パソコン向けタイトル『モンスターハンター フロンティアG2』について、最新情報を公開しました。

『G2』大型アップデートは、7月10日に実施される予定の最新アップデート。「双つの眼」「古龍の最高峰」「G級改新」「G級武具/G級覇種武具/G級秘伝防具」「新スキル/シジル/装飾品/スキルカフ」という5つを柱とした内容となっています。

今回は、メインビジュアルにも採用されている「双つの眼」のモンスターの正体として、牙獣種「ロロ・ゴウガルフ」と「レイ・ゴウガルフ」が解禁。峡谷で発見された2頭の新モンスターは、その姿から、紅白の毛を持つ個体は「赤闘獣(せきとうじゅう)」、藍と漆黒の毛を持つ個体は「青闘獣(せいとうじゅう)」とも呼ばれています。発達した強靭な筋力を誇り、2頭の連携はあらゆるモンスターの中でも随一とされています。

とくに目立つ特徴としては、巨石を容易く持ち上げるほどに逞しく発達した腕があげられます。また太く伸びた尻尾は、全身を支える働きをし、アクロバティックな動きを繰り出すことを可能にしています。一説によれば、金獅子の近縁種ではないかとも考えられています。

また今回は、「古龍の最高峰」を巡る“極限征伐戦”に関する情報も解禁。G級への昇級試練で撃退し、メゼポルタ近郊から一時その姿を消した天翔龍シャンティエンですが、大型探査船を再び襲ったとの報せが届きます。この戦いが、熾烈な狩猟の舞台となる模様です。

さらに、リファインの内容も一部解禁。まずG級武器の強化は、「100%成功」が基本になります。さらに、強化失敗の可能性はあるものの、100%成功レシピよりも、少ない素材数で強化を行えるレシピも登場。武器強化に必要な素材数も全体的に緩和されているので、所持している素材数に合わせ、レシピを選択していけるでしょう。またGRごとの、Gzの所持上限を全撤廃。これまでのゼニー同様、所持上限9,999,999Gzまで持てるようになります。そして、これまで一度焼き付けたシジルの取り外しは不可だったのが、特殊なアイテムを使用することで、シジルの回収が可能になります。そのほか、G級武具の生産・強化素材数の緩和も予定されています。

なお、『モンスターハンター フロンティアG2 プレミアムパッケージ』も7月10日同日に発売されることが決定。「豪華16大特典」と「ハンターライフコース(30日間:Xbox 360版/60日間:パソコン版)利用クーポン引換券」が付属し、Xbox 360版/パソコン版いずれも、6,090円となっています。パッケージ特典武具は、「特別交換券」で入手可能な「G強化券」を使用することで、武器に「シジル」焼付、G級狩護防具へ強化が可能なものとなっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. マイクロソフト、Xbox 360が日本市場で撤退との一部報道に回答

    マイクロソフト、Xbox 360が日本市場で撤退との一部報道に回答

  2. 『テイルズ オブ ヴェスペリア』リマスター版 『Tales of Vesperia Definitive Edition』発表!【E3 2018】

    『テイルズ オブ ヴェスペリア』リマスター版 『Tales of Vesperia Definitive Edition』発表!【E3 2018】

  3. スイッチ版発表の『クラッシュバンディクー ブッとび3段もり!』XB1/Steam向けにも発売決定

    スイッチ版発表の『クラッシュバンディクー ブッとび3段もり!』XB1/Steam向けにも発売決定

  4. 【特集】あゝ、追憶のXbox 360 ─ 思ひ出の国産タイトルを巡る

  5. 『マインクラフト』Win 10/モバイル/XB1/スイッチ/VR版がクロスプレイに対応へ

  6. ケイブのSTGを全て網羅、『ケイブ シューティングコレクション 完』がAmazon.co.jp限定で登場

アクセスランキングをもっと見る