人生にゲームをプラスするメディア

マリオがスマホで出ないワケ―任天堂Charlie Scibetta氏がコメント

その他 全般

『スーパーマリオ3Dワールド』
  • 『スーパーマリオ3Dワールド』
なぜマリオゲームがスマートフォンなどでリリースされないのか、その理由について任天堂のCharlie Scibetta氏が、ゲームはハードウェアに対して最適に作られる必要があると述べています。

多くのゲーム会社がコンソールでリリースしてきたタイトルをスマートフォンなどの端末で提供するという試みをおこなう中、いくつもの人気シリーズを抱える任天堂はその兆候をみせていません。これについて、任天堂のシニアコミュニケーションディレクターCharlie Scibetta氏が、海外サイトにコメントしています。

氏は、最も効果的にブランドを活用する術は、そのもの自身のハードウェア上でゲームをリリースすることであるとし、もし任天堂のゲームがiOSやアンドロイド端末に移植されるとなると、それぞれのタイトルをユニークたらしめている要素を失うことになってしまうと指摘。例として『スーパーマリオ3Dワールド』を挙げ、ダイナミックなゲーム体験ができるのはそのハードウェアに最適なよう調整されているからで、同じソフトを違うデバイスに移植すれば、宮本氏や開発チームがそのためにデザインした操作と同じ反応が得られないという旨を発言しています。

実際、移植によってゲームの魅力が損なわれる可能性は確かに存在しているだけに、この発言は個々のゲームに対する強いこだわりを感じさせるものではないでしょうか。
《Ami》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

    “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  2. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

    『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  3. 日本一ソフトウェア、新作に関するホラーな360度動画を公開 ─ 夜の神社には不気味な存在が…

    日本一ソフトウェア、新作に関するホラーな360度動画を公開 ─ 夜の神社には不気味な存在が…

  4. ローソンの菓子パンが『スカイリム』のスイート・ロールに似ていると話題に―早速編集部が食レポ!

  5. 『ゼルダの伝説 BotW』リンクのアクションフィギュア登場―ソード・弓矢・シーカーストーン等が付属!

  6. 「モンスターハンター オーケストラコンサート 狩猟音楽祭2017」大阪・東京で開催決定!

  7. “プレイヤーの性格を武器にする”3D ACT『Last Standard』に対応したマストドンの新インスタンスが登場

  8. 【週刊インサイド】『星のカービィ』とランジェリーブランドがまさかのコラボ! 『ニーア オートマタ』のDLCなどの新展開も気になる人続出

  9. 新感覚プライズマシン「TRYPOD」が発表―クレーン操作が苦手でもOK!

  10. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

アクセスランキングをもっと見る