人生にゲームをプラスするメディア

「パックマン」米国で新作アニメに!マルチプラットフォームの次は、世界規模の発展へ

その他 全般

「PAC -MAN and the Ghostly Adventuresand」メインビジュアル
  • 「PAC -MAN and the Ghostly Adventuresand」メインビジュアル
  • 『PAC -MAN and the Ghostly Adventuresand』ゲーム画面
  • 業務用ゲーム「PAC-MAN SMASH」
  • ネットワークコンテンツ 「PAC-MAN DASH!」
  • 玩具「パックパニックスピナー」(バトルアリーナ付)
  • パックマン
バンダイナムコゲームスは、同社の看板キャラ「パックマン」の新作アニメ「PAC-MAN and the Ghostly Adventures」の米国放送開始に伴い、キャラクター商品をワールドワイドで展開すると発表しました。

「PAC-MAN and the Ghostly Adventures」は、6月17日からの米国ディズニーXDでのレギュラー放送開始を皮切りに、イギリス、オーストラリア、スペインなど世界40ヶ国以上での放送を予定している新作アニメです。今年33回目の誕生日を迎え、また先日はWii U/3DS/PS3/Xbox360/PC向けソフト『Pac-Man and the Ghostly Adventures』の今秋リリースを発表するなど、今なお活動的な「パックマン」が、また新たな一歩を世界に向かって踏み出しました。

TVアニメ「PAC-MAN and the Ghostly Adventures」は、「パックマン」が活躍するアクションコメディの3Dアニメです。「スパイダーマン」シリーズなど世界中で大ヒットを記録したアヴィ・アラッド氏がエグゼクティブ・プロデューサーをつとめ、劇場版「ポケットモンスター」シリーズなどのCGアニメーション制作で実績のあるオー・エル・エム・デジタルが制作を担当しています。

そんな万全の体勢でリリースされるTVアニメに伴い、バンダイナムコゲームスは2014年3月までに、既に発表されたWii U/3DS/PS3/Xbox360/PC向けソフト『Pac-Man and the Ghostly Adventures』や、好評稼働中の「 PAC-MAN SMASH」などの業務用ゲーム5機種(海外グループ会社販売分含む )、「PAC-MAN DASH!」(スマートフォン対応/今夏よりサービス開始予定)などのネットワークコンテツ1タイトルを 、米国をはじめその他地域でも順次展開するとのことです。

また、バンダイアメリカはフィギュアやぬいぐるみなど10アイテム以上の玩具を2013年夏より順次発売すると明かしていたり、この他にもライセンス商品として40社以上から500アイテムを越す商品の販売が予定されており、バンダイナムコゲームスのIP軸戦略の一つとして、米国をはじめワールドワイドで「パックマン」を持ち上げていく姿勢を明らかにしました。

国内外を問わず、活躍の場を拡げていく「パックマン」。次はどのような展開を見せてくれるのか、期待するばかりです。

(C)2012 NAMCO BANDAI Games Inc.
(C)2013 NAMCO BANDAI Games Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「大切なのは何を生み出すか」トイロジック岳氏がオリジナルゲームと自社エンジン開発へのこだわり語る

    【特集】「大切なのは何を生み出すか」トイロジック岳氏がオリジナルゲームと自社エンジン開発へのこだわり語る

  2. 『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

    『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

    【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

  4. 現・世界チャンピオンによるオセロ講座も!『逆転オセロニア』リアルイベントレポート

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツに興味津々! 『FGO』の意外な特集の数々にも注目集まる

  7. 【読者アンケート】「あなたが12月に買う新作タイトルは?」結果発表─1位は脅威の40%超え! 人気シリーズの最新作が上位を占める

  8. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

アクセスランキングをもっと見る