人生にゲームをプラスするメディア

『RED STONE』開発会社CEO「まだ見ぬ出会いと発見、そして体験をお届けします」 ― カンファレンス2013

ゲームオンが、5月24日に六本木ColoR.で開催した「RED STONE プレスカンファレンス2013」をレポートします。

ゲームビジネス その他
『RED STONE』開発会社CEO「まだ見ぬ出会いと発見、そして体験をお届けします」 ― カンファレンス2013
  • 『RED STONE』開発会社CEO「まだ見ぬ出会いと発見、そして体験をお届けします」 ― カンファレンス2013
  • ゲームオン社長のイ サンヨプ氏
  • L&K Logic Korea Co.,Ltd.のCEOのナム テクウェン氏
  • 運営プロデューサーの嶋田真人氏
  • イベントマスターのEMアース氏
  • 新キャラクターのメイド
  • 『RED STONE』開発会社CEO「まだ見ぬ出会いと発見、そして体験をお届けします」 ― カンファレンス2013
  • 『RED STONE』開発会社CEO「まだ見ぬ出会いと発見、そして体験をお届けします」 ― カンファレンス2013
ゲームオンが、5月24日に六本木ColoR.で開催した「RED STONE プレスカンファレンス2013」をレポートします。

このイベントは、ゲームオンが運営しているオンラインゲーム『RED STONE』のプレスカンファレンスで、メディアとファンの両方が詰めかけました。

運営元であるゲームオン社長のイ サンヨプ氏の挨拶に始まり、開発元であるL&K Logic Korea Co.,Ltd.のCEOのナム テクウェン氏に続きます。

「韓国では、『RED STONE』の運営開始して10年となりましたが、10年間変わらず『RED STONE』を愛していただいたプレイヤーのみなさんに開発者を代表してお礼申し上げます。これだけ長い間続いてきたので、当時は学生で今は社会人というプレイヤーもいらっしゃるのではないでしょう。

『RED STONE』プレイヤーの皆様、我々が作ったこの世界で様々な出会いと共に今のある大切な時間を過ごされたことでしょう。ですが、我々はまだ皆さんが経験したことないコンテンツを用意しています。そのコンテンツは皆様にとって新たな体験、そして発見が詰まっていると我々は確信しています。どうぞお楽しみに。」と今回のアップデートに対する意気込みを語りました。

ゲームに関する発表では、直近の2013年7月から2014年アップデートまでの流れと内容が発表。注目は、期間限定で「GoldExワールド」がオープンすることで、このワールドは通常のワールドと比べて、獲得できる経験値が格段に高く設定されており、その最大数値は3000%。この「GoldExワールド」は期間限定ではありますが、その後は11番目の「新ワールド」として機能するため、非常に新規プレイヤーが入りやすい環境になっています。

まだ『RED STONE』をプレイしたことがない人のために、『RED STONE』を簡単に説明します。本作は、2005年から国内でサービスが開始したオンラインゲームです。基本無料な2DMMOである本作の特徴はジョブシステムで、全19ジョブ中8ジョブが武器変更で、他の10種類のジョブは変身で相互補完的なキャラクターに変身することが可能。さらに、キャラクターは全て複合ジョブで、同時に2つのジョブを持つことができます。そこに数百万、数千万種類の豊富なアイテムが加わり、他のオンラインゲームよりもキャラクターの個性とゲームの攻略性が高いことが特徴です。

リリースされては、サービスが終了していくオンラインゲーム業界ですが、サービス開始から8年も経過すると様々な要因がサービス終了という最悪期の結末を囁いてきてもおかしくないはずです。しかし、今なおこの様にプレスカンファレンスが行われているということは、非常にこのゲームの中身とサービスが良いことの裏付けなのではないでしょうか。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

    【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  2. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  3. ドラゴンクエストの生みの親、堀井雄二氏の生涯現役クリエイターの秘訣・・・黒川塾(十弐)レポート

    ドラゴンクエストの生みの親、堀井雄二氏の生涯現役クリエイターの秘訣・・・黒川塾(十弐)レポート

  4. カードスラッシュで「超わざ」を繰り出せ! 液晶ゲーム「恐竜キング」

  5. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  6. 『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

  7. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  8. 【NDC17】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 【CEDEC 2010】日本のクリエイターが考えるゲームオーディオ

アクセスランキングをもっと見る