人生にゲームをプラスするメディア

ひとりでも一揆、小説でも一揆!「いっき LEGEND OF TAKEYARI MASTER」この夏発売

その他 全般

あの『いっき』がノベライズ化!
  • あの『いっき』がノベライズ化!
  • 全ては、長崎奉行にいる「英雄」から始まります
  • 善政に励む英雄
  • だが、ある日を境に豹変してしまう
  • まさに悪人顔
  • 無情に取り立てられてしまう年貢
  • 弱者は泣き寝入りしかないのか
  • だが、不満の声が消えることはない
一二三書房は、ライトノベル層をターゲットにしたノベルレーベル「桜ノ杜ぶんこ」から、サン電子の人気ゲームシリーズである『いっき』を題材にした小説「いっき LEGEND OF TAKEYARI MASTER」を出版すると発表しました。

「桜ノ杜ぶんこ」とは、一二三書房が2012年1月に創刊したノベルレーベルで、オリジナル作品をはじめ、人気ゲームのノベライズ作品も多数行っています。そして先月、公式サイトにて謎のティザーサイトをオープンしましたが、その詳細が判明。「伝説のテレビゲーム『いっき』を小説化してリリースする」という告知でした。

『いっき』は初登場より20年以上を数え、様々なプラットフォームへ移植されました、また『いっき』の流れを汲むソーシャルゲーム『いっき~みんなで米騒動~』や、オンライン配信専用ソフト『いっき おんらいん』なども製作され、幅広い年代層から愛され続けているタイトルです。

伝説級の知名度を持つ『いっき』が持つ底力は、とうとう文庫化にまで到達しました。不当な仕打ちに抗った農民の一揆は、ゲームの世界すら飛び出し、この夏に全国の書店へ届くことになります。

『いっき』ファンにとっても予想外の展開ですが、公式サイトで公開された紹介動画は、ファミコン版『いっき』の雰囲気を意識した凝った作りとなっており、また著者は「桜ノ杜ぶんこ」にて好評シリーズ「超次元ゲイムネプテューヌ はいすくーる」を執筆されているおかず氏が担当しており、万全の体勢で出版に望んでいることが伺えます。



動画は、どこか懐かしいBGMと共に「なぜ一揆を起こすに至ったか」が、2Dドット風画面で分かりやすく綴られます。そして竹槍を手に、忍者をなぎ倒していく様や、竹槍奥義「破竹五百天」を繰り出し一掃する勇姿も描かれており、さながらゲーム紹介動画かと見まごうような出来映えです。

書 名 / いっき LEGEND OF TAKEYARI MASTER
著 者 / おかず
イラスト / うりも
文庫判 約360ページ
価格 780円+税
2013年7月5日発売予定

これまで数々のゲーム作品がノベライズ化しましたが、『いっき』というタイトルがどのような小説になるのか、まだまだ想像もつきません。続報などを期待したいところです。

(C)HIFUMI SHOBO
(C)SUNSOFT
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

    『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  2. 「劇場版 ソードアート・オンライン」がPS Videoにてデジタル独占先行配信決定、関連作品のディスカウントも実施

    「劇場版 ソードアート・オンライン」がPS Videoにてデジタル独占先行配信決定、関連作品のディスカウントも実施

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』アビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選、『スーパーロボット大戦X』3月29日発売決定、PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ…など(12/11)

    【昨日のまとめ】『FGO』アビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選、『スーパーロボット大戦X』3月29日発売決定、PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ…など(12/11)

  4. ド迫力のネルギガンテがメインに!『モンスターハンター:ワールド』サウンドトラックのジャケットが公開

  5. 【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説

  6. 【昨日のまとめ】『FGO』イチオシのマシュが描かれた概念礼装は?、『きららファンタジア』今後の対応について声明発表、『スーパーマリオ オデッセイ』“ジャンプ0回”でゲームクリアできるのか…など(12/12)

  7. 【今日のゲーム用語】「ロールバック」とは ─ 歓迎すべき事態ではないが、必要な次善策のひとつ

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. 【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!

  10. 【特集】いまさら聞けない「ガルパン」の魅力 ― ファンの心をグッと掴んで離さない“魅せ方”とは

アクセスランキングをもっと見る