人生にゲームをプラスするメディア

舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」7月31日より開演、9公演となる舞台を見逃さないで

カプコンは、舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」の制作発表会を行いました。

その他 全般
舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」7月31日より開演、9公演となる舞台を見逃さないで
  • 舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」7月31日より開演、9公演となる舞台を見逃さないで
  • 舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」7月31日より開演、9公演となる舞台を見逃さないで
  • 舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」7月31日より開演、9公演となる舞台を見逃さないで
  • 舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」7月31日より開演、9公演となる舞台を見逃さないで
  • 舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」7月31日より開演、9公演となる舞台を見逃さないで
  • 舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」7月31日より開演、9公演となる舞台を見逃さないで
  • 舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」7月31日より開演、9公演となる舞台を見逃さないで
  • 舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」7月31日より開演、9公演となる舞台を見逃さないで
カプコンは、舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」の制作発表会を行いました。

本公演は、ゲーム本編でも描かれた「大江戸戦士トノサマン」が上映される劇場を舞台に物語が展開されます。制作発表となるこの日は、中央大学法科大学院の模擬法定室を使用し、稽古前ながら早速キャラクターになりきった出演者が演技をしながら入ってくるという心躍る発表会となりました。さらには、登場時には各キャラクターのテーマ曲が流れ、衣装のクオリティや色味も相まってそのままキャラクターが飛び出してきたかのような印象です。

また、発表会では各自の意気込みも語られました。

・兼崎健太郎(成歩堂龍一役)
出演作:ミュージカル「テニスの王子様」真田弦一郎役、舞台「真田十勇士」真田幸村役
「大好きな『逆転裁判』が舞台化ということで、さらに自分が成歩堂を演じられるとは思っていなかったので本当に楽しみです。舞台ならではの『逆転裁判』の世界観をみなさんで楽しんで、そして演出の大関さんと素晴らしいものを作っていきたいと思います」

・和田琢磨(御剣怜侍役)
出演作:ミュージカル「テニスの王子様」手塚国光役、舞台「遠い夏のゴッホ」スチュワート役
「僕も『逆転裁判』シリーズ大好きでして、しかも御剣役ということで大変ワクワクしております。法定での成歩堂との対決をすごく楽しみしていますので、一生懸命演じたいと思います」

・荻野可鈴(綾里真宵役)
主演作:TV「非公認戦隊アキバレンジャー」アキバイエロー、舞台「TIGER&BUNNY THE LIVE」
「今回初めて舞台でヒロイン役を演じさせていただくので、背の高い成歩堂さんとの身長差に負けないように存在感をアピールできたらいいなと思っています。よろしくお願いします!」

・林明寛(矢張政志役)
出演作:ミュージカル「テニスの王子様」海堂薫役、ミュージカル「忍たま乱太郎」七松小平太役
「僕も昔から『逆転裁判』が大好きだったので、この舞台に出演させていただくことを大変光栄に思っております。矢張役ということなので、舞台上では原作や映画に負けないぐらいかき見だしていきたいと思います」

さらに、この日糸鋸役の磯貝さんと仲睦まじい様子が印象的だった林さんは、「この肩幅(磯貝さんのこと)に負けないぐらい存在感を出して行きたいと思うんでよろしくお願いします」とはにかみ周囲を和ませていました。

・磯貝龍虎(糸鋸圭介役)
出演作:ミュージカル「テニスの王子様」千歳千里役、「タクミくんシリーズ舞台版」崎義一役
「映画化などもされていますが、舞台には舞台の良さがあると思いますのでそれを全面に引き出していきたいですね。熱血バカを全面に出しつつみなさまのサポートにまわって、たくさんいい舞台にしたいと思います!」

・杉原勇武(荷星三郎役)
出演作:舞台「Snow Princess!」シンク役、映画「6月6日 ~密名Mission~」主演
「僕はアクションが大好きなので、アクション俳優であるトノサマンという役をいただけて恐縮です」

最後には、ニンテンドー3DSソフト『逆転裁判5』のプロデューサー江城元秀氏と、本舞台の演出を手がける大関真さんが登場。

大関さんは「昨年頃から、江城さんやカプコンさんといろいろ打ち合わせを重ねてきまして、この素晴らしいキャストの皆さんと一緒に原作の雰囲気を再現しつつ、舞台版オリジナルストーリーを展開させた新しいエンターテイメイント作品を作りたいと思います」と語ります。それに続き、江城氏は「さきほどおっしゃったように、去年ぐらいから脚本の部分を何度も打ち合わせをさせていただいて、まさしくカプコンの開発陣とスーパー・エキセントリック・シアターが、言葉に偽りなく一緒に制作させてもらっています。ぜひ、『逆転裁判5』の発売と近いこともありますし合わせて楽しんでいただければと思っています」とコメント、発表会を締めくくりました。

舞台「逆転裁判 ~逆転のスポットライト~」は、7月31日(水)~8月4日(日)まで北品川の六行会ホールで公演されます。チケットは1枚5,800円(税込)、発売は6月1日(土)からとなっています。

(C)CAPCOM
(C)ADK Arts
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

    【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

  2. 【コスプレ】「ラグコス2018」昼の部で出会った美女レイヤーさんまとめ 「FGO」ほか人気キャラ目白押し!

    【コスプレ】「ラグコス2018」昼の部で出会った美女レイヤーさんまとめ 「FGO」ほか人気キャラ目白押し!

  3. 悪い事は言わん…ゲーマーとガノタは「ガンダムビルドダイバーズ」観とけ!【コラム】

    悪い事は言わん…ゲーマーとガノタは「ガンダムビルドダイバーズ」観とけ!【コラム】

  4. 『プロジェクトイーブイ』最後の9人目「リーフィア」のオリジナルトレーナーが公開!ミステリアスな王子様系“男装女子”

  5. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る