人生にゲームをプラスするメディア

『無双』シリーズのプロデューサー鯉沼氏、コーエーテクモの副社長に

コーエーテクモゲームスは、同社の代表取締役及び役員の異動を5月20日に発表しました。

ゲームビジネス 人材
鯉沼久史氏
  • 鯉沼久史氏
コーエーテクモゲームスは、同社の代表取締役及び役員の異動を5月20日に発表しました。

今回の発表は、平成25年6月25日以降の役員新体制の決定に伴う異動で、代表取締役会長には襟川恵子氏(現・取締役名誉会長)、取締役顧問に柿原康晴氏(現・代表取締役会長)、取締役副社長に鯉沼久史(現・専務取締役)などの人事が公表されています。

代表取締役会長となる襟川恵子氏は1978年7月にコーエーの専務取締役に就任して以来、グループ企業を含む同社の発展に尽力してきたキャリアを持ち「楽しくてためになる」をコンセプトにしたゲーム開発を展開し『信長の野望』のヒットに貢献しました。

一方、取締役副社長となる鯉沼久史氏は1994年、コーエーにプログラマーとして入社後、プログラマー、ディレクター、プロデューサーとして数々の作品にかかわってきた同社制作分野のキーパーソンで、代表作は、『真・三國無双2 猛将伝』(PS2)、『決戦』シリーズ(PS2)、『戦国無双』(PS2、PSP)シリーズほか多数。

制作畑のプロフェッショナルが力を持つ新たな人事体制で運営される今後のコーエーテクモゲームスに、今まで以上に周囲の目が注がれています。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

    今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  4. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  5. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  6. 過去を振り返り、未来に思いをはせる熱いトークが展開─「ゲームグラフィックス20年の進化とこれから」聴講レポート【CEDEC 2018】

  7. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  8. ガンホー、ミクシィ、クルーズらが語るクラウドの活用~「AWS Summit Tokyo 2014」レポート

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

アクセスランキングをもっと見る