人生にゲームをプラスするメディア

異例の大ヒット、映画「HK/変態仮面」拡大公開 ― SNSを重視したプロモーションが効果発揮

その他 全般

「HK/変態仮面」拡大公開へ 女性にも人気の秘密はSNSの積極展開
  • 「HK/変態仮面」拡大公開へ 女性にも人気の秘密はSNSの積極展開
4月6日より劇場公開された話題の映画『HK/変態仮面』が、今週末から拡大公開をスタートした。全国12館の上映から始まったが、劇場での反応の高さから配給のティ・ジョイがいち早く決断した。
本作は公開最初の週末にスクリーンアベレージ135万円超と断トツで滑り出し、平日でも旗艦館の新宿バルト9で連日9割から満席が続くほど人気を集めている。小規模公開作品としては、異例のヒットとなった。

ティ・ジョイによれば、本作の宣伝予算は数百万円と小さく、さらにテレビスポットは0本、広告出稿は0円だった。大きな宣伝が目を惹く大作映画と対極的な存在だった。
そこで、宣伝では、公開ギリギリまで映像やストーリーを明かさないプロモーションとした。通常は積極的に行われる公開前の試写会も実施していない。そうした作戦が、数少ないビジュアル、タイトルのインパクトの大きさもあり、成功した。

また、映画館では、当初想定していた原作ファンだけではなく、20代や30代のカップル、女性連れ、大学生グループなどの姿も多く見られた。これはSNSを重視したプロモーションが、SNSを活用する女性や若者に捉えたためだという。口コミや積極的なパブリシティなどが効果を発揮し、ヒットにつながったとしている。

『HK/変態仮面』は、あんど慶周さんが「週刊少年ジャンプ」(集英社)の黄金期ともされる1990年代に連載していたマンガ『究極!!変態仮面』を原作に映像化した。監督は、『勇者ヨシヒコと魔王の城』などで現在、最も注目される福田雄一さんが務めた。鈴木亮平さんが主演、色丞狂介という大胆な役に挑んだ。

『HK/変態仮面』
PG12
新宿バルト9ほか全国大ヒット公開中!
http://hk-movie.jp/

「HK/変態仮面」拡大公開へ 女性にも人気の秘密はSNSの積極展開

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. グリー、Supercellとの特許紛争についてコメントを発表…一部アプリでは機能削除も

    グリー、Supercellとの特許紛争についてコメントを発表…一部アプリでは機能削除も

  2. 「集中力増加サプリ」を試したゲーマーの身体に起きたこと【実験企画】

    「集中力増加サプリ」を試したゲーマーの身体に起きたこと【実験企画】

  3. 「今年ブレイクするYouTuber予想ランキングトップ20」が発表―上位半数がバーチャルYouTuber

    「今年ブレイクするYouTuber予想ランキングトップ20」が発表―上位半数がバーチャルYouTuber

  4. 『FGO』ランサーのサーヴァント「スカサハ」がfigma化!―ボディラインがセクシー

  5. 『アズールレーン』オリジナルブロマイドがファミマプリントで期間限定販売中―ユニコーン・愛宕・赤城など

  6. コロプラ、任天堂より特許権侵害に関する訴訟を提起されたと発表

  7. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  8. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  9. 『センチメンタルグラフティ』20周年プロジェクトとは!? 「あなたに、会いたい…」と意味深なつぶやき

  10. セガ新作アーケードTCG『千閃戦記』プレイレポ―4人PTでレーンを巡る熱い攻防が楽しめる

アクセスランキングをもっと見る